[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邉彩香から入籍した妹へ「もう大丈夫だよ」 八つ当たりした家族に届ける涙の復活V

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ最終日が29日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われた。4打差4位で出たツアー通算3勝の渡邉彩香(大東建託)が、首位で並んだ鈴木愛(セールスフォース)とのプレーオフを1ホール目で制して復活優勝。苦労の末に手にした栄冠で周囲を泣かせ、支えてくれた妹に力強い姿を届けた。

4年半ぶりの復活優勝を果たした渡邉彩香【写真:Getty Images】
4年半ぶりの復活優勝を果たした渡邉彩香【写真:Getty Images】

所属スポンサー大会でも低迷、渡邉彩香「不甲斐ない」「プロとして失格」

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ最終日が29日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われた。4打差4位で出たツアー通算3勝の渡邉彩香(大東建託)が、首位で並んだ鈴木愛(セールスフォース)とのプレーオフを1ホール目で制して復活優勝。苦労の末に手にした栄冠で周囲を泣かせ、支えてくれた妹に力強い姿を届けた。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 嬉しさと安堵の思いが胸を占めた。68の通算11アンダーで4打差を大逆転。2015年11月の樋口久子Pontaレディス以来、1702日ぶりの優勝だ。最後のバーディーパットは4メートルのスライスラインを読み切り、左手を高々と掲げた。無観客で関係者だけのまばらな拍手。敗れた鈴木も加わって称えた。

「嬉しいのと、ずっとたくさんの人が気にかけて応援してくれていたので、それに応えられたというホッとした気持ちでした」

 最後のパットを決めた瞬間を振り返った。優勝インタビューでは「みんなの顔が浮かんだ」と涙が頬をつたった。苦労を知る川口淳キャディーは、グリーン脇で膝をついて泣いていた。

 2016年は32試合の出場で開幕から18試合連続で予選通過。ツアー屈指の飛ばし屋として武器に当たり前のように上位に顔を出し、リオ五輪代表にも手が届きそうな位置だった。しかし、毎年30試合以上に出場しながら、賞金ランクは16年12位、17年36位、18年は55位でシード権を喪失。昨年は8試合連続を含め、予選落ち23度で115位まで低迷した。

「もう勝てないんじゃないか」

 そんな思いが胸をよぎった。しかし、諦めない。原動力となったのは周囲の支え。ともに戦い、ライバルであるはずの他の選手からの言葉も力になった。

「辞めようと思うことはなかった。やっぱりチームのみんなだったり、家族だったり、ファンの方だったり、あとは他の選手も凄く気にかけてくださった。ちょっとでもいいプレーをすると『ナイスだったね!』と声をかけてくださる選手の方もいた。支えが大きくて、その人たちのためにもっと頑張って優勝を見せてあげたいというのが一番でした」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集