[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

長谷部誠は「残り1分のヒーロー」 闘魂“4mクリア”にやまない称賛「2人目のGKだ」

サッカーの醍醐味の一つは、試合終了間際の攻防だろう。状況に応じて互いに攻め、守り、ドラマが生まれる。ゴールを決めれば、そして、ゴールを防げば一躍、試合のヒーローになる。そんな場面で輝いたドイツ1部リーグ・ブンデスリーガ、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が先週に演じていた“4メートルクリア”を「残り1分のヒーロー」と評し、リーグ公式Youtubeチャンネルが決定的瞬間を動画で公開。すると、ファンから「2人目のゴールキーパー」「ゴールライン上のキング」の声が殺到している。

ドルトムント戦の終了間際の神クリアに賛辞やまず…ファン「ゴールライン上のキング」

 サッカーの醍醐味の一つは、試合終了間際の攻防だろう。状況に応じて互いに攻め、守り、ドラマが生まれる。ゴールを決めれば、そして、ゴールを防げば一躍、試合のヒーローになる。そんな場面で輝いたドイツ1部リーグ・ブンデスリーガ、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が先週に演じていた“4メートルクリア”を「残り1分のヒーロー」と評し、リーグ公式Youtubeチャンネルが決定的瞬間を動画で公開。すると、ファンから「2人目のゴールキーパー」「ゴールライン上のキング」の声が殺到している。

 その瞬間、長谷部に神が宿ったかのようだった。スタジアム全員が息をのむシーンを演じたのは、21日のリーグ戦、ドルトムント戦だった。

 2-2で迎えた試合終了目前。フランクフルトは絶体絶命のピンチを迎えた。中盤からのクロスをゴール前の左サイドで受けたFWサンチョが左足で強烈なシュート。これをGKフラデツキーが手に当て、ファインセーブしたが、こぼれたボールはゴール前中央でドフリーとなっていたMFサヒンの前に転がった。

 決勝ゴールか――。誰もがそう思った瞬間、ミラクルを呼んだのは長谷部だった。GKがサイドに飛び出し、無人となったゴール
前に相手FWのマークからそのまま立ちはだかった。そして、サヒンにボールが転がったのを見ると、すかさず体をニアに寄せた。さらにゴール前3~4メートルの至近距離から左足で放たれたシュートを懸命に出した左足に当て、ボールはクリアされた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集