[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ミレニアム世代」に注目 大阪桐蔭に逸材、清宮後輩の4番も…来年ドラフト候補は?

NPBのプロ野球ドラフト会議は支配下、育成を含め、計114人が指名された。早実・清宮幸太郎内野手に1位指名で7球団が競合し、日本ハムが交渉権を獲得するなど、大きな話題を呼んだ。一夜明けた27日からスカウト陣にとっては指名挨拶に出向く一方、来年のドラフト会議に向けたスタートでもある。果たして、来年のドラフト戦線はどうなるのか。

スカウト陣は早くも来季へ始動…2018年ドラフト戦線の展望、大阪桐蔭は大量指名も?

 NPBのプロ野球ドラフト会議は支配下、育成を含め、計114人が指名された。早実・清宮幸太郎内野手に1位指名で7球団が競合し、日本ハムが交渉権を獲得するなど、大きな話題を呼んだ。一夜明けた27日からスカウト陣にとっては指名挨拶に出向く一方、来年のドラフト会議に向けたスタートでもある。果たして、来年のドラフト戦線はどうなるのか。

 最も注目を浴びるのが、高校生世代だ。2000年生まれの「ミレニアム世代」は100回を迎える夏の甲子園大会を沸かせることになる。

 筆頭格は大阪桐蔭・根尾昂。投手で最速148キロ、野手でも遊撃手、外野手を守り、パンチ力を誇るスラッガー。同じく大阪桐蔭でエースを争う右腕の柿木蓮、左腕の横川凱の両投手も早くもスカウトの注目を集めており、藤原恭大外野手は2年生ながら今夏のU-18野球ワールドカップで1番打者としても活躍した逸材だ。幾多のドラ1選手を輩出してきた名門から大量指名もある。

 藤原とともに2年生で高校ジャパンに選ばれ、遊撃手を務めた小園海斗内野手もセンス抜群。早実で3番清宮を抑えて1年生から4番に座っていた野村大樹捕手は世代屈指の長距離砲で、早大進学が多い同校だけに進路が注目される。プロで一流選手が揃う横浜・万波中正外野手はコンゴ人を父に持つ注目の逸材。今夏の甲子園優勝に貢献した花咲徳栄・野村佑希外野手も面白い。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集