[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、まさかの予選落ち危機 「緊張して思ったように体が動かなかった」

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ第2日が26日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われている。首位と6打差の59位で出た日米5勝の渋野日向子(サントリー)は74の通算2オーバーとし、ホールアウト時点で決勝ラウンド進出ラインを下回る暫定71位。予選落ちの危機に立たされている。

ホールアウト時点で暫定71位となった渋野日向子【写真:Getty Images】
ホールアウト時点で暫定71位となった渋野日向子【写真:Getty Images】

112日遅れの開幕戦第2日、渋野日向子は耐えるゴルフを展開

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ第2日が26日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われている。首位と6打差の59位で出た日米5勝の渋野日向子(サントリー)は74の通算2オーバーとし、ホールアウト時点で決勝ラウンド進出ラインを下回る暫定71位。予選落ちの危機に立たされている。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 苦しいラウンドとなった。インスタートとなった544ヤードの14番パー5。約1メートルのボギーパットを外してダブルボギーとした。通算2オーバーで予選落ちのピンチ。しかし、続く158ヤードの15番パー3では約3メートルにつけるバーディーで1つ取り返した。17番パー4は第2打をグリーンに乗せられなかったが、オフから重点的に練習してきたアプローチで沈めてバーディー。小さく両手でガッツポーズを決めた。

 だが、18番でまたもつまずく。フェアウェーからの第3打はグリーン横のラフ。第4打の左足下がりのアプローチは強い追い風の中でピンを大きくオーバーし、逆サイドのカラーへ。第5打のアプローチを寄せ、1パットでボギーとした。5番パー4は第2打をピン手前にピタリとつけてバーディーを奪った。

 しかし、8番でパーパットを外す痛恨のボギー。2オーバーとなり、カットラインを下回る暫定71位で終えた。ネット中継のインタビューでは「かなり練習してきたけど、試合となると緊張して思ったように体が動かなかった」とコメント。「このオフにやっていたスイング改造とこれからももっともっと練習して次の試合に備えられればと思います」と話した。

 初日はグリーン上でマーカーを戻し忘れたままパットするうっかりミス。プロ転向後初の罰打で2つ落とした。予選落ちなら、昨年11月の伊藤園レディス以来3試合ぶり。初日は大雨の降った午前に回り、この日回った午後はピンの竿がしなるほど次第に風が強くなっていった。大会によると、午後1時頃の木更津市内の最大瞬間風速は15.7メートルの強風だった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集