[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

再開後初の世界戦 Sフライ級に新王者誕生、24歳の挑戦者フランコが無敗王者を撃破

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチが23日(日本時間24日)、米ラスベガスで行われ、挑戦者のジョシュア・フランコ(米国)が正規王者のアンドリュー・マロニー(オーストラリア)に判定勝ち。11ラウンドには右ストレートでダウンを奪うなどし、3-0の判定で新王者の座についた。WBAのスーパー王者はローマン・ゴンサレス(ニカラグア)。

ジョシュア・フランコ(左)がアンドリュー・マロニーを下し、新王者の座についた【写真:Getty Images】
ジョシュア・フランコ(左)がアンドリュー・マロニーを下し、新王者の座についた【写真:Getty Images】

ロマゴン、井岡ら強豪ひしめく階級に新王者誕生

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチが23日(日本時間24日)、米ラスベガスで行われ、挑戦者のジョシュア・フランコ(米国)が正規王者のアンドリュー・マロニー(オーストラリア)に判定勝ち。11ラウンドには右ストレートでダウンを奪うなどし、3-0の判定で新王者の座についた。WBAのスーパー王者はローマン・ゴンサレス(ニカラグア)。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 コロナ禍からの興行再開後、初の世界戦は番狂わせが起きた。無敗の王者マロニーを24歳のダークホースが撃破した。中盤から的確なパンチをヒットさせ、ペースをつかんだフランコは、11回に強烈な右ストレートでダウンを奪う。12回も仕留めにかかったが、王者もしぶとく踏ん張り決着は判定に。文句なしの3-0で新たにチャンピオンベルトを手にした。

 井上尚弥が優勝したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会に出場したジェイソンを双子の兄にもつ、マロニーはデビューから21連勝中(うち14KO)だったが、初防衛戦でまさかの初黒星。米ヤフースポーツによると、試合後マロニーは「今夜は俺の夜じゃなかった。これはアンドリュー・マロニーの最高の姿ではない。しかしジョシュア・フランコに称賛を送りたい」と素直に勝者を称えている。

 タフさを見せつけた新王者フランコは24歳。WBAのスーパー王者にはロマゴンが、WBCがファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)、IBFがジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、WBOが井岡一翔という、強豪王者が揃う階級にまた新たなスター候補が誕生した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集