[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子は“+112日”で何を得たのか 「もっとレベルの高いゴルフ」への挑戦とは

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフのアース・モンダミンカップが25日から4日間、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われる。渋野日向子(サントリー)は23日にオンラインで会見。112日遅れの開幕となり、思わぬ長期オフに磨いてきたものを明かした。

25日からのアース・モンダミンカップに臨む渋野日向子【写真:Getty Images/JLPGA提供】
25日からのアース・モンダミンカップに臨む渋野日向子【写真:Getty Images/JLPGA提供】

渋野日向子が思わぬ長期オフに取り組んだこと

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフのアース・モンダミンカップが25日から4日間、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われる。渋野日向子(サントリー)は23日にオンラインで会見。112日遅れの開幕となり、思わぬ長期オフに磨いてきたものを明かした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 進化した。渋野はオフに課題だったアプローチの練習に着手。ロブで高く球を上げることを意識してきた。フィジカルトレーニングも並行し、体重増で飛距離アップにも成功。2019年のブレークからさらなる飛躍の年を迎えるはずだったが、2月には出場予定だったタイ、シンガポールの米ツアー2試合が中止に。3月5日に開幕予定だった国内開幕戦もなくなった。

 コロナ禍で次々と大会中止に。目標としていた東京五輪も1年延期となった。4月には海外メジャー・ANAインスピレーションに向け、入国制限がかかることを想定して緊急渡米。しかし、またも試合は行われず短期間の調整をするだけで帰国した。

 いつ開幕するかわからない状況だが、やるべきことはぶれない。延びた調整期間に上積みしたのはアプローチのバリエーションだった。青木翔コーチの提案もあり、フェースが削れるほどクラブを振り続けた。

「開幕が遅れるということで転がすボールも必要だとコーチに言われて、そこから転がす練習だったり、58度のウェッジ以外でも、ピッチングウェッジや9アイアンで転がす練習をちょこちょこやっていました」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集