[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「イノウエら待たないなら昇級すべし」 フェザー級勝利のナバレッテに米記者が提言

ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。4か月ぶりの試合を6戦連続KO勝利で決めた実力者に、米記者は「イノウエらを待たないなら、フェザーに昇級すべし」と提言している。

エマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】
エマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】

ロペスに6回TKO勝ちの試合をESPNのキム記者が分析

 ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。4か月ぶりの試合を6戦連続KO勝利で決めた実力者に、米記者は「イノウエらを待たないなら、フェザーに昇級すべし」と提言している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 将来的に見据えるフェザー級の試合でTKO勝ちを収めたナバレッテ。米スポーツ専門局「ESPN」では「またしても印象的な勝利を収めたエマヌエル・ナバレッテは昇級する時がきたのか?」と特集。同局のスティーブ・キム記者はナバレッテの素晴らしさについて分析している。

「ナバレッテは良い。だが、華麗ではない。技術的な完璧さの欠如をパンチの数と動き、気合いで補う熟練者のうちの一人だ」

 ロペス戦で放ったパンチ数は571対252、着弾数は190対49と手数で圧倒したナバレッテは、技術以外の部分が光ったと同記者は指摘している。2018年12月にアイザック・ドグボエ(ガーナ)から王座奪取した試合を含め、1年半で7試合目という驚異的なハイペースで試合をこなしているが、同記者は対戦相手のクオリティに疑問符をつけている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集