[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「イノウエら待たないなら昇級すべし」 フェザー級勝利のナバレッテに米記者が提言

ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。4か月ぶりの試合を6戦連続KO勝利で決めた実力者に、米記者は「イノウエらを待たないなら、フェザーに昇級すべし」と提言している。

エマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】
エマヌエル・ナバレッテ【写真:Getty Images】

ロペスに6回TKO勝ちの試合をESPNのキム記者が分析

 ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテは、20日(日本時間21日)にメキシコシティで行われたフェザー級10回戦でウリエル・ロペス(ともにメキシコ)に6回TKO勝ち。4か月ぶりの試合を6戦連続KO勝利で決めた実力者に、米記者は「イノウエらを待たないなら、フェザーに昇級すべし」と提言している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 将来的に見据えるフェザー級の試合でTKO勝ちを収めたナバレッテ。米スポーツ専門局「ESPN」では「またしても印象的な勝利を収めたエマヌエル・ナバレッテは昇級する時がきたのか?」と特集。同局のスティーブ・キム記者はナバレッテの素晴らしさについて分析している。

「ナバレッテは良い。だが、華麗ではない。技術的な完璧さの欠如をパンチの数と動き、気合いで補う熟練者のうちの一人だ」

 ロペス戦で放ったパンチ数は571対252、着弾数は190対49と手数で圧倒したナバレッテは、技術以外の部分が光ったと同記者は指摘している。2018年12月にアイザック・ドグボエ(ガーナ)から王座奪取した試合を含め、1年半で7試合目という驚異的なハイペースで試合をこなしているが、同記者は対戦相手のクオリティに疑問符をつけている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集