[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワ陣営、ロシアの五輪参加禁止問題に反発「本当にアンフェア」

ロシアは国家ぐるみのドーピング問題で選手団の五輪参加禁止の可能性が取りざたされている。そんな中、金メダル最有力のメドベージェワ陣営は「本当にアンフェア。4年を奪い去るなんて、それは人生を奪うのと同じ」と反発の声を上げているという。カナダメディアが報じている。

国家ぐるみの不正が波及…各国の選手、指導者が声「ロシアなき五輪は塩コショウのない肉」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズがロシアで開幕し、世界選手権2連覇中の女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が圧勝。平昌五輪へ向け、地元で順調に第一歩を記した一方、ロシアは国家ぐるみのドーピング問題で選手団の五輪参加禁止の可能性が取りざたされている。そんな中、金メダル最有力のメドベージェワ陣営は「本当にアンフェア。4年を奪い去るなんて、それは人生を奪うのと同じ」と反発の声を上げているという。カナダメディアが報じている。

「ロシア抜きでのオリンピックはIOCにとってリスキージャンプだ」と報じたのは、カナダ紙「トロント・スター」だ。

 記事では「国家ぐるみのドーピング問題でロシアに対する制裁がどのようなものになるのか、という不安が特にフィギュア界で高まっている」と指摘。理由として「ロシアのスケーターたちが、ここ10年に渡って支配的であるからだ」と記し、フィギュア界を牽引してきたことを挙げている。

 実際に、特集ではフィギュア界の関係者たちの声を紹介。トリノ五輪金メダルのプルシェンコ(ロシア)ら多くの名選手を育て上げた名コーチ、アレクセイ・ミーシン氏は「ロシアチーム無しのオリンピックは塩コショウのかかっていない肉のようなものだ」と話している。

 そして、選手の立場からもGPシリーズ初戦で羽生結弦(ANA)を抑えて優勝したネイサン・チェン(米国)の意見を紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集