[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、英メディアがPFP4位に “3階級の衝撃”を評価「今やバンタムの統一王者」

英ラジオ局「トークスポーツ」電子版がボクシングの全階級を通じた格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」の最新版を発表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は4位に選出されている。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

英ラジオ局「トークスポーツ」が発表「今やバンタム級の統一王者」

 英ラジオ局「トークスポーツ」電子版がボクシングの全階級を通じた格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」の最新版を発表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は4位に選出されている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 同局では「結果」「パフォーマンス」「経歴」「トップレベルの相手とどれだけ戦っているか」の4点から独自のPFPを選出。最新版でトップに輝いたのは4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)だった。

 2位は世界3団体ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、3位がWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)。4位にモンスターが選出されている。

 寸評では「日本の3階級制覇王者ナオヤ・イノウエはライトフライ級とスーパーフライ級ですでに衝撃を与えていたが、今やバンタム級の(2団体)統一王者になった」と評価。昨年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)を倒して、優勝した実績も紹介されている。

 各メディアが独自で選定しているPFPだが、最も権威のある米専門誌「ザ・リング」では3位に選出されている井上。英メディアでは3傑の座を惜しくも逃したが、国際的な名声は高まっている様子だ。

5位以下は次の通り

5位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

6位 エロース・スペンス・ジュニア(米国)

7位 タイソン・フュリー(英国)

8位 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)

9位 ジョシュ・テイラー(英国)

10位 アルツール・ベテルビエフ(ロシア)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集