[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥&ロマゴンが標的 エストラーダ陣営の展望「バンタムでも最高の戦いできる」

ボクシングのWBC世界スーパーフライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)がロマゴンとモンスターを標的にしている。将来的にバンタム級に転向し、WBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)と対決するプランについてトレーナーが言及。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

フアン・フランシスコ・エストラーダと井上尚弥(右)【写真:Getty Images】
フアン・フランシスコ・エストラーダと井上尚弥(右)【写真:Getty Images】

ロマゴン戦の先にバンタム級転向か、エストラーダのトレーナーが展望語る

 ボクシングのWBC世界スーパーフライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)がロマゴンとモンスターを標的にしている。将来的にバンタム級に転向し、WBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)と対決するプランについてトレーナーが言及。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 スーパーフライ級で強さを見せつけるエストラーダ。現在の標的はWBA同級王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)だという。エストラーダを指導するトレーナー、アルフレド・カバジェロ氏は米スポーツ専門局「ESPN」スペイン語版でこう語っているという。

「我々は違ったエストラーダを見ることになる。エストラーダの階級であるスーパーフライ級で戦うことになる。最初の対決はライトフライ級まで落としたんだ。12、13歳以来の体重だったが、エストラーダは経験を積んだのだ」

 2012年11月にWBA世界ライトフライ級タイトルマッチで王者・ロマゴンに判定負け。8月以降に開催する可能性が浮上しているロマゴンとのスーパーフライ級2団体統一戦にて、リベンジを見据えているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集