[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】田中将大VS大谷翔平、先輩の貫録見せつけた「エゲツない」スプリットに米ファン称賛

新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手だ。2018年5月、「4番・DH」で出場したエンゼルス・大谷翔平投手とMLB初対戦。宝刀スプリットで空振り三振を奪ったシーンをMLB公式が動画で公開すると、田中への称賛が相次いでいた。

大谷翔平と田中将大(右)【写真:Getty Images】
大谷翔平と田中将大(右)【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―田中が三振奪ったスプリットに反響

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手だ。2018年5月、「4番・DH」で出場したエンゼルス・大谷翔平投手とMLB初対戦。宝刀スプリットで空振り三振を奪ったシーンをMLB公式が動画で公開すると、田中への称賛が相次いでいた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 渾身の1球だった。6回、大谷との3度目の対決。田中はスライダーと直球でカウント1-2と追い込むと、決め球に選んだのは宝刀スプリット。鋭く、そして急速に沈む88.7マイル(約143キロ)のボールで、空を切らせたのだった。

 この1球をMLBが公式インスタグラムで公開すると、対決に注目していた現地ファンも称賛。「エゲツない」「タナカはいつも大一番の試合で凄みを増す。クレイジーだ」「タナカ・タイム」「これがヤンキースを選ばなかったことに対する代償だ」「低めを攻めることができている時のタナカは怖いもの知らずだ」「アメイジング」と先輩・田中に最敬礼していた。

 中には「Kohtani」という、KOと「Ohtani」を組み合わせた“新語”も書き込まれていた。日本のみならず、現地でも注目を集めた大谷VS田中のマッチアップ。この日は3打席で2三振1四球と田中が先輩の意地を見せつけた。日本時代には2013年に対戦し、11打数無安打6三振と田中が圧倒していたが、メジャーを舞台にした第1ラウンドもヤンキースの19番の完勝だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集