[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18歳チェンが「日本のスーパースターを凌駕」 羽生結弦を抑え圧巻首位で米脚光

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会は20日、男子ショートプログラム(SP)で18歳のネイサン・チェン(米国)が100.54点をマーク。94.85点だった世界王者の羽生結弦(ANA)を抑え、首位に立った。新4回転時代を切り開いた若き全米王者について、地元の米メディアは「日本のスーパースターを凌駕」と脚光を当てている。

GPロシア大会、圧巻の100点超えで首位発進「受け取ったスコアを聞いてハッピー」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会は20日、男子ショートプログラム(SP)で18歳のネイサン・チェン(米国)が100.54点をマーク。94.85点だった世界王者の羽生結弦(ANA)を抑え、首位に立った。新4回転時代を切り開いた若き全米王者について、地元の米メディアは「日本のスーパースターを凌駕」と脚光を当てている。

 平昌五輪のメダル候補の18歳が圧巻の演技を見せた。チェンは4回転ルッツを決めるなど、大きなミスなく演じ切った。得点は100.54点。堂々の100点超えで羽生を抑え、SP首位発進を決めた。

 地元の米スケート専門メディア「icenetwork」は初日の各種目SPを振り返った記事の中で「チェンが日本のスーパースター、ハニュウを凌駕」と見出しを打って伝えた。

「アメリカのネイサン・チェンはショートプログラムで勝利し、日本の希望であるユヅル・ハニュウを寄せ付けなかった」と言及。その上で、本人は「受け取ったスコアを聞いてハッピー」と話し、演技をこう振り返ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集