[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、転倒で惜しい2位発進 SPは94.85点 チェンが100点超えで首位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会は20日、男子SPで羽生結弦(ANA)が94.85点をマークし、2位発進となった。ネイサン・チェン(米国)が100.54点で首位に立った。

GPシリーズ初戦ロシア大会男子SP

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会は20日、男子SPで羽生結弦(ANA)が94.85点をマークし、2位発進となった。ネイサン・チェン(米国)が100.54点で首位に立った。

 羽生はショパンの「バラード第1番」に美しい調べに合わせ、華麗に銀盤を舞った。しかし、ジャンプで1度転倒し、完璧な演技とはいかず、94.85点で2位発進となった。

 シーズン初戦のオータムクラシックでSP世界歴代最高となる112.72点をマークしながら、フリーはミスが出て2位。本格的なシーズン到来となるGPシリーズに向け、「一生懸命」をテーマに設定。「一生懸命」。「一生を懸けて、命を懸けて頑張りたい」と意気込んでいた。

 大会前には、ライバルのネイサン・チェンとともに「モスクワで2人は明確な主役」になると脚光を浴びていた。平昌五輪で連覇がかかるシーズンの重要なGPシリーズ初戦、フリーで逆転を狙う。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answerプロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集