[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

UFCで起きた“喜劇” 終わってないのに背を向けて…うっかり者の選手に実況失笑

新型コロナウイルスが感染拡大する中、米国最大の格闘技団体「UFC」は30日(日本時間31日)、ネバダ州ラスベガスで興行を開催。フェザー級の試合では、優位だった選手がラウンド終了前になぜか背を向けて歩き出し、逆襲を食らう事態が発生した。不可解なシーンを米メディアは動画で公開している。

背を向けたスパイク・カーライル(右)は判定負けを喫した【写真:Getty Images】
背を向けたスパイク・カーライル(右)は判定負けを喫した【写真:Getty Images】

ラウンド終了前に背を向けたカーライルの動画を米メディアが公開

 新型コロナウイルスが感染拡大する中、米国最大の格闘技団体「UFC」は30日(日本時間31日)、ネバダ州ラスベガスで興行を開催。フェザー級の試合では、優位だった選手がラウンド終了前になぜか背を向けて歩き出し、逆襲を食らう事態が発生した。不可解なシーンを米メディアは動画で公開している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 問題のシーンはスパイク・カーライル対ビリー・クアランティーロ(ともに米国)の試合で起きた。1回、相手にパンチを振り落とすカーライル。優位な体勢だったが、何を思ったか残り5秒ほどの時点で攻撃をやめ、相手から背を向けて歩き出してしまった。すかさずクアランティーロは反撃。後ろから顔面めがけて強烈なパンチを見舞った。

 左側頭部に一撃を食らったカーライルは押し倒される形になったが、間もなくして1回終了のブザーが鳴った。“うっかり者”が許した反撃に、実況も思わず笑いだしていた。

 米スポーツ専門局「ESPN」の豪州&オーストラリア版公式ツイッターは実際のシーンを動画で公開。米紙「USAトゥデー」の総合格闘技専門メディア「MMAジャンキー」は「スパイク・カーライルがラウンド終了前に歩き始め、後ろからパンチを食らった」と見出しを打って報じている。

 記事では「カーライルはクアランティーロに対して優勢だったが、まだ数秒残っているにも関わらず、歩き始めてしまった。残り時間にクアランティーロは起き上がり、カーライルに向かってパンチを決めた。カーライルはそのパンチに驚き、キャンバスに倒れこんでしまった」と伝えている。

 試合は判定までもつれ込み、クアランティーロが勝利。試合前のフェイスオフでは奇抜な“くちばしマスク”で登場するなど、ファンを仰天させた27歳のカーライルだったが、まさかの出来事もあり勝利を手にすることはできなかった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集