[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「突然のカマダ」 鎌田大地の2戦連続Gを独メディア称賛「ラッシュも驚きではない」

海外サッカー、ブンデスリーガ1部フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は30日(日本時間31日)、ボルフスブルク戦で決勝ゴール。2-1の勝利に貢献した。2試合連続ゴールと躍動中の23歳について、地元ドイツメディアも「突然のカマダ」「歓喜をもたらす」など続々と報じている。

決勝ゴールを決めた鎌田大地【写真:Getty Images】
決勝ゴールを決めた鎌田大地【写真:Getty Images】

前節は通算25戦目でブンデスリーガ初ゴールをマーク

 海外サッカー、ブンデスリーガ1部フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は30日(日本時間31日)、ボルフスブルク戦で決勝ゴール。2-1の勝利に貢献した。2試合連続ゴールと躍動中の23歳について、地元ドイツメディアも「突然のカマダ」「歓喜をもたらす」など続々と報じている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 鎌田は長谷部誠とともに先発出場すると1-1の後半40分、ゴール前で味方がヘディングで落としたところに走り込み、左足で決めた。ゴール後は喜びを爆発。雄たけびをあげてガッツポーズも飛び出した。

 2戦連続ゴールを決めた鎌田について、地元メディアも続々と報じている。ドイツ紙「ビルト」は「アイントラハトの日本人選手、長いノーゴールから突然のカマダ」と見出しを打って報じている。

 ブンデスリーガ通算25試合目の出場で待望の初得点を記録した前節に続くゴール。長いトンネルを抜け、爆発の予感漂う鎌田について記事では「アイントラハトの指揮官アディ・ヒュッターにとっては、ゴールラッシュも驚きではない。『(鎌田は)ツキに見放された場面が多々あったが、頑張ってきたことが報われた』」とヒュッター監督の言葉とともに伝えられている。

 このほかドイツ専門誌「キッカー」の選評では「カマダがアイントラハトに歓喜をもたらす」と評価。欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」ドイツ版でも「日本人選手は、落ち着いて決勝点をゴール右に押し込んだ」と報じられた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集