[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“魔球23選”は「1日中見ていられる」 予測不能ナックルに米反響「捕手が気の毒」

米大リーグは新型コロナウイルスの影響で開幕が延期中。球場には未だ歓声が響かない状況だが、MLB公式は過去にナックルボールの使い手が投じた“魔球”を動画で公開。打者だけでなく、味方も惑わされている軌道には「捕手が気の毒だ」「1日中見ていてられる」などとファンから反響が集まっている。

R.A.ディッキー氏のナックルボールも紹介されている【写真:Getty Images】
R.A.ディッキー氏のナックルボールも紹介されている【写真:Getty Images】

MLB公式がナックルボーラーの投球動画をSNSに公開

 米大リーグは新型コロナウイルスの影響で開幕が延期中。球場には未だ歓声が響かない状況だが、MLB公式は過去にナックルボールの使い手が投じた“魔球”を動画で公開。打者だけでなく、味方も惑わされている軌道には「捕手が気の毒だ」「1日中見ていてられる」などとファンから反響が集まっている。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール・山田恵里インタビュー(GROWINGへ)

 捕球するのも一苦労だ。無回転で、投げた本人も予測不能の変化をするナックル。揺れて大きく変化したり、伸びてくる軌道に驚く打者が続出している。体が硬直したり、バットが空を切って苦笑いを浮かべる選手も。捕手がミットに収める直前に急変化し、捕り損ねてプロテクターに直撃させたり、後ろに逸らす場面もあった。

 レッドソックスのスティーブン・ライトや、サイヤング賞を受賞しているR.A.ディッキー氏ら“魔球”の使い手による23球の動画を、MLB公式はインスタグラムに公開。「良いナックルボールに勝るものはない」とつづられている投稿には、ファンからの反響が相次いでいる。

「俺が今まで捕手をやることを拒んできた理由だ」
「捕手が気の毒だ」
「1日中見ていてられる」
「もっと多くのナックルボーラーが生まれることを願う!」
「どうやったらマスターできるの?」
「捕手はもっと大きなミットが必要だね」
「最高の投手たちだ」
「野球の中で1番の球種」
「本当に厄介だ!」

 動画は投稿5時間で再生33万回を超えた。不規則な変化に、ファンは魅了されている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集