[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

無観客ボクシング、ファイトマネー減額でも戦う? 米王者たちの声「それは辛いが…」

新型コロナウイルス感染拡大により、興行延期が続いていたボクシング界では、6月に本場・米国で再開が決定。感染防止のため、無観客試合という措置が取られることも報じられているが、入場料収入がゼロとなる中、ボクシングの世界王者たちはファイトマネー減額でもリングに立つのか。米スポーツ専門局「ESPN」では様々なチャンピオンの声を紹介している。

WBO世界スーパーフェザー級王者ジャメル・ヘリング【写真:Getty Images】
WBO世界スーパーフェザー級王者ジャメル・ヘリング【写真:Getty Images】

6月から興行再開、「ESPN」が各選手の反応を紹介「犠牲を強いられることに…」

 新型コロナウイルス感染拡大により、興行延期が続いていたボクシング界では、6月に本場・米国で再開が決定。感染防止のため、無観客試合という措置が取られることも報じられているが、入場料収入がゼロとなる中、ボクシングの世界王者たちはファイトマネー減額でもリングに立つのか。米スポーツ専門局「ESPN」では様々なチャンピオンの声を紹介している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 昨年5月に世界タイトル戦で伊藤雅雪を倒したWBO世界スーパーフェザー級王者ジャメル・ヘリング(米国)は米ラスベガスで7月2日に同級11位のジョナサン・オケンド(プエルトリコ)と対戦することが決定。記事によると、トップランク社所属のヘリングはボブ・アラムCEOや陣営と電話。「自分は犠牲を強いられることになった」とファイトマネー減額を飲んだことを認めている。

「妥当なギャラで合意に達したが、自分はチームの一員として考えてみた。世界で起きていることについて理解している。入場料収入はボクシング界で大きいことも理解している。現状では、それを手にできない。チケット販売はできないんだ」

 コロナ禍の影響で入場料収入がゼロとなる事情を理解したヘリングは「チームプレーヤーになるべき。正しいことを為すだけ。自分のためだけではなく、トップランクを含めた陣営にとって。心配はしていない。ゼロより遥かに有益だ」と語ったという。

 33歳で世界王者になった元米国海兵隊の苦労人は若いボクサーに「自分のキャリアを確立し続けるべき。お金は最後についてくる。これは一時的なものだ」とアドバイスを送ったという。

 一方、元WBA世界ウェルター級スーパー王者のキース・サーマン(米国)は「オレは重要ではない相手に、少ないギャラを手にするつもりだ。試合では最高のパフォーマンスを見せるが、これは言っておく必要がある。現在のディスカウントした状態で、メガファイトはすべきではない」と語ったという。

 入場料収入がないコロナ禍では、ビッグファイトに挑むメリットはないというのが、サーマンの主張だ。「トップファイターは自己犠牲することはない。プロモーターも犠牲を払いたくない。彼らはスーパーメガファイトを売り出すことはない。わかるだろう」と説明し、米国のメジャースポーツ界の緊急事態についても言及したという。

「生まれる前からずっと言われてきた言葉がある。お金を生み出さないとすれば、そこに意味はない。これが厄介な時代だということをどんなスポーツのファンも理解すべきだ。バスケットボールにしても、フットボールでも野球でも、彼らは10億ドルとはいかないかもしれないが、途方もない産業だ。プレーしろ、そして損を受け入れろ、とは簡単にいかないんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集