[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦熱望のリゴンドー 39歳がバンタム級No.1を宣言「俺は終わっちゃいない」

ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、実力者ひしめくバンタム級でNo.1になることを宣言している。「パウンド・フォー・パウンド(PFP)のチャンピオンになる」と発言。バンタム最強の称号を手にした後、かつて最強王者として君臨した1つ上のスーパーバンタム級に戻る方針を明らかにした。米地元紙「エル・ヌエボ・ヘラルド」が報じている。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

コロナ禍で7月興行再開を待つリゴンドー「ジャッカルに終わりはないんだ」

 ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、実力者ひしめくバンタム級でNo.1になることを宣言している。「パウンド・フォー・パウンド(PFP)のチャンピオンになる」と発言。バンタム最強の称号を手にした後、かつて最強王者として君臨した1つ上のスーパーバンタム級に戻る方針を明らかにした。米地元紙「エル・ヌエボ・ヘラルド」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)らタレント豊富なバンタム級。新型コロナウイルスの影響で中断状態が続くが、「ジャッカル」の異名で知られるキューバのレジェンドはランニングなどで調整を続けているという。7月上旬の「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の興行再開を待っているようだ。リゴンドーはPBC公式YouTubeのライブ中継に登場し、こう宣言したという。

「俺は122ポンド(スーパーバンタム級)でPFPのチャンピオンだった。118ポンド(バンタム級)でも最強の男になるつもりだ。それから122ポンドにもう一度上げるだろう。みんな分かっていると思うが、俺は終わっちゃいない。これがスタートなんだ」

 かつてスーパーバンタム級で最強を誇ったリゴンドー。2月には井上がスーパー王座に君臨するWBAの正規王座を掴んだ。これまで井上戦を望んでいたリゴンドーの野望は、バンタム級の猛者をなぎ倒すことのようだ。

「ジャッカルに終わりはないんだ。これが始まりだ。118ポンドでまだチャンピオンだ。準備万端。歴史を作り続ける。3度世界王者になった。122ポンドで2回、118ポンドで1回だ」

 記事では新型コロナ終息後のリゴンドーの標的候補として、井上、WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)らを紹介。39歳のベテランは闘志をみなぎらせているようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集