[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは「世界スポーツ市場の象徴的存在」 米教授が女子最高の年収40億円で解説

女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が、賞金や広告料などの昨年1年間で3740万ドル(約40億円)の収入を得て、全競技で史上最も稼いだ女性アスリートになった。米経済誌「フォーブス」が伝えている。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

2015年シャラポワ超えの女子史上最高額、英BBCも注目「世界で最も稼いだ女子選手」

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が、賞金や広告料などの昨年1年間で3740万ドル(約40億円)の収入を得て、全競技で史上最も稼いだ女性アスリートになった。米経済誌「フォーブス」が伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 大坂が女性アスリートの歴史を塗り替えた。同誌によると、昨年1年間に大坂が得た額は、過去4年連続で最も稼いだ女性アスリートだったセリーナ・ウィリアムズ(米国)よりも、140万ドル(約1億5000万円)多かったという。さらに大坂は、2015年にマリア・シャラポワさん(ロシア)が記録した、当時の女性アスリート史上最高収入2970万ドル(約31億円)の記録も更新した。

 また同誌は、大坂が男女を通じたランキングでも29位に入り、セリーナも33位に位置したことを発表。2016年以来初めて女性アスリートがトップ100に2人名を連ねたとした。

 この一報に英公共放送「BBC」も「日本のスターテニス選手のナオミ・オオサカが、米国のライバル選手のセリーナ・ウィリアムズを抜いて、世界で最も稼いだ女子アスリートとなった」と注目。南カリフォルニア大・マーシャル経営大学院のスポーツビジネスに詳しいデービッド・カーター教授のコメントを紹介している。

「世界中のテニス選手と比較しても、オオサカは偉大なバックストーリーを持った新しいタイプの選手と言える。彼女は若さと2つの文化の中で育ったことを兼ね備えているので、若者とグローバルな観客を惹きつけることができる。その結果、世界的なスポーツ市場の象徴的な存在となったわけだ」

 昨年、大坂はナイキと2025年までの大型パートナーシップ契約を結んだ。契約するアスリートに、スポンサーのロゴが入ったパッチの着用を一般的には認めていないナイキも、大坂には特例として許容する特別待遇。合計15のスポンサー契約を結ぶ大坂は、女性アスリートを牽引する存在として期待がかかりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集