[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「コストルナヤに優勝してほしかった」 本田圭佑の恩師が意外なフィギュア愛を告白

フィギュアスケートの世界選手権は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となった。女子で有力選手を多く抱えるロシア勢にとっては特に無念の結果となったが、日本のスポーツファンにもゆかりがある意外な人物が“フィギュア愛”を明かしている。ロシアメディア「Sport24」が報じている。

今年の欧州選手権で表彰台を独占したアンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤ、アレクサンドラ・トルソワ(左から)【写真:Getty Images】
今年の欧州選手権で表彰台を独占したアンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤ、アレクサンドラ・トルソワ(左から)【写真:Getty Images】

ロシアの名将スルツキー氏が中止となった世界選手権に言及

 フィギュアスケートの世界選手権は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となった。女子で有力選手を多く抱えるロシア勢にとっては特に無念の結果となったが、日本のスポーツファンにもゆかりがある意外な人物が“フィギュア愛”を明かしている。ロシアメディア「Sport24」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 意外な人物が“フィギュア愛”を語った。本田圭佑が10年から4年間近く在籍したCSKAモスクワ時代に指揮官を務め、ロシア代表監督も経験したレオニード・スルツキー氏だ。現在は国内クラブのルビン・カザンで監督を務める同氏は「Sport24」のインタビューに登場し、フィギュアについて熱い思いを明かしている。

 競技のファン歴について、スルツキー氏は「ソビエト時代からです」と告白。祖母が熱烈なファンだった縁で、当時はフィギュアと限られたスポーツしかテレビで放送されなかったこともあり、どんなスポーツでも興味があった同氏も親しみを持つように。「とりわけ、フィギュアは我々(ロシア)の選手がとてもいい成績を残しているので熱中するようになった」という。

 そんな長年のフィギュアファンの同氏は、今季を席巻したアレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワというロシアの天才3人娘について問われた。「彼女たちはトゥトベリーゼチームの手腕の中で、それぞれとても異なっています。彼女たちは互いに類似するロボットを作る必要がないことを分かっています。彼女たちはそれぞれの一番良いところを頼りにし、それに磨きをかけています」と指導者らしく、3人の個性を認めた上で、こう続ける。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集