[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦がひょっこり 海外写真家の“今季ベストショット”に反響「素晴らしい写真」

フィギュアスケートは新型コロナウイルス感染拡大により世界選手権が中止となり、シーズン終了。予期せぬ形で幕切れを迎えたが、海外カメラマンは今シーズンに撮られた羽生結弦(ANA)らの“今季ベストショット”を公開し、「素敵なショット!」「素晴らしい写真」などとファンの熱視線を集めている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

カナダ在住カメラマンが公開、ファンから「素敵なショット!」の声

 フィギュアスケートは新型コロナウイルス感染拡大により世界選手権が中止となり、シーズン終了。予期せぬ形で幕切れを迎えたが、海外カメラマンは今シーズンに撮られた羽生結弦(ANA)らの“今季ベストショット”を公開し、「素敵なショット!」「素晴らしい写真」などとファンの熱視線を集めている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 1枚の写真で視線を集めたのは、カナダ在住の女性写真家、ダニエル・アール氏。自身のツイッターで1枚の写真を公開した。リンクをバックに中央で銅メダルを掲げ、自撮りしているキーガン・メッシング(カナダ)。その左からひょっこりフレームに納まろうと、羽生が金メダルを頬に寄せ、おどけた表情を並べる。後ろでは銀メダルを持つケビン・エイモズ(フランス)の姿も。

 昨年9月にカナダで行われたオータムクラシックで撮影された1枚。白熱の大会後、気の置けない選手同士だからこそ見られた羽生の表情が印象的だ。投稿では「2019年のオータムクラシックで自撮りのポーズをとるユヅル・ハニュウ、キーガン・メッシングとケビン・エイモズ」と紹介し、ファンからも「素敵なショット!」「素晴らしい写真」との声が上がっていた。

 羽生自身はシーズン初戦となったオータムクラシックで圧勝を飾ると、グランプリ(GP)シリーズ連勝。GPファイナル、全日本選手権の2位を経て、4大陸選手権で主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」を達成した。絶対王者にして“被写体”としても価値の高い25歳は来季、どんな姿がカメラのレンズに捉えられるだろうか。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集