[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「病院に行くと『あの人コロナだ』と…」 闘莉王氏、ブラジルで起きる“差別”に憤り

2010年にサッカー南アフリカワールドカップで日本代表の16強進出に貢献するなど輝かしい実績を残し、昨季限りで現役を引退した田中マルクス闘莉王氏。日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて7都府県で「緊急事態宣言」が発令されたが、現在、闘莉王氏が暮らすブラジルのサンパウロ州でも感染拡大防止のため「外出禁止令」の延長が決まった。「THE ANSWER」の単独取材に応じた闘将は、ブラジルで起きている“コロナ差別”の実情を紹介。「日本では絶対にしてはいけない」と熱く提言している。

田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】
田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】

闘莉王氏が生活するブラジルの小さな町にも…「一気に10人に感染の疑いが出た」

 2010年にサッカー南アフリカワールドカップで日本代表の16強進出に貢献するなど輝かしい実績を残し、昨季限りで現役を引退した田中マルクス闘莉王氏。日本では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて7都府県で「緊急事態宣言」が発令されたが、現在、闘莉王氏が暮らすブラジルのサンパウロ州でも感染拡大防止のため「外出禁止令」の延長が決まった。「THE ANSWER」の単独取材に応じた闘将は、ブラジルで起きている“コロナ差別”の実情を紹介。「日本では絶対にしてはいけない」と熱く提言している。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー・田中マルクス闘莉王インタビュー(GROWINGへ)

 日本では、11日に新たに700人以上の新型コロナ感染者が確認されるなど、感染拡大が続いている。一方、ブラジルでも合計の感染者1万7857人、死者941人(在ブラジル日本大使館発表最新版)と連日、数字が大きく推移。昨年、19年間のプロキャリアに終止符を打った闘莉王氏の住むサンパウロ州パルメイラ・ド・オエシチにも暗い影が忍び寄ってきたという。

「それまで町全体で新型コロナの疑いは1人で、陰性と判明したところだったけれど、新たに一気に10人に感染の疑いが出た。陽性でなければいいけれど……。本当に心配」

 両親への親孝行のためにブラジルに一旦戻り、遠く離れた日本の人たちとのコミュニケーションツールとするためにYouTube公式チャンネル「闘莉王TV」を立ち上げた闘莉王氏。サンパウロの都市部から車で7時間半、人口9000人という小さな町も新型コロナウイルスの脅威にさらされているという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集