[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マイク・タイソンの左フック炸裂 “eWBSS”でバタービーンを衝撃KO「正確だ」

海外ボクシングも新型コロナウイルスの影響で興行中止が相次ぐ中、階級ごとのNo.1を決めるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)は、テレビゲームによるヘビー級の夢のトーナメントを開催している。伝説の王者らが名を連ねた“歴代最強決定戦”。25日(日本時間26日)の試合ではマイク・タイソン(米国)がエリック・”バタービーン”・エッシュ(米国)に2回KO勝ち。“8強最大のミスマッチ”とされた試合で順調に勝利し、準決勝に駒を進めた。

マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】
マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

WBSSがビデオゲームでヘビー級夢のトーナメント開催

 海外ボクシングも新型コロナウイルスの影響で興行中止が相次ぐ中、階級ごとのNo.1を決めるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)は、テレビゲームによるヘビー級の夢のトーナメントを開催している。伝説の王者らが名を連ねた“歴代最強決定戦”。25日(日本時間26日)の試合ではマイク・タイソン(米国)がエリック・”バタービーン”・エッシュ(米国)に2回KO勝ち。“8強最大のミスマッチ”とされた試合で順調に勝利し、準決勝に駒を進めた。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 ゲームでも圧倒的パンチ力を見せつけた。2回、開始早々から撃ち合う両者。決着は11秒だ。タイソンの左フックがバタービーンの顔面に炸裂。ふらついた相手に続けて右ストレートを食らわせてダウンを奪った。両手を上げて喜ぶタイソン。一方、1回に2度のダウンを喫していたぽっちゃり体型のバタービーン。必死に立ち上がろうとするも、結局倒れてしまった。細部が現実さながらに再現された試合は圧倒的パワーでタイソンの勝利。バタービーンは無念そうに首を振るしかなかった。

 このビックファイト“eWBSS”は、Xboxのボクシングビデオゲーム「ファイトナイトチャンピオン」を用いて、WBSSが開催したトーナメントの一戦。ボクシングに飢えたファンの心を少しでも満たそうと、ヘビー級のレジェンド級ボクサー8人による夢の対戦をゲームで実現させたのだ。実際の映像が公式ツイッターとインスタグラムで公開されている。

 あくまでゲームだが、まるで本当の試合が開催されているかのように海外は沸いている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」は、「8強最大の“ミスマッチ”が行われたが、それは予想通りと言えるものだった」と真剣に報じている。WBSSが事前にツイッターで勝敗予想を行ったところ、KOまたはTKOでタイソン勝利の予想が86%。多くが予想した結末となったようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集