[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怪物ザイオン、レブロン超え35得点 リング大揺れアリウープに反響「戦車じゃねぇか」

米プロバスケットボール(NBA)の19年ドラフト全体1位指名、ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが1日(日本時間2日)、レイカーズ戦に先発して自己最多の35得点をマークした。チームは114-122で敗れたものの、相手エースのレブロン・ジェームズの34得点を上回る大暴れ。豪快なアリウープには「普通じゃない」「戦車じゃねぇか」などファンの驚嘆の声が相次いでいる。

ザイオン・ウィリアムソンが自己最多35得点を記録【写真:Getty Images】
ザイオン・ウィリアムソンが自己最多35得点を記録【写真:Getty Images】

レブロンらと2度目の対戦で自己最多得点をマーク

 米プロバスケットボール(NBA)の19年ドラフト全体1位指名、ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが1日(日本時間2日)、レイカーズ戦に先発して自己最多の35得点をマークした。チームは114-122で敗れたものの、相手エースのレブロン・ジェームズの34得点を上回る大暴れ。豪快なアリウープには「普通じゃない」「戦車じゃねぇか」などファンの驚嘆の声が相次いでいる。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 レブロンらとの2度目の対決。注目の中、相変わらずのフィジカルを見せつけた。第3クォーター、フリースローラインに位置していたザイオンは、素早いスピンでマークについていたカイル・クズマを翻弄。そのままゴールリングに向かい勢いよく飛び上がり、ロンゾ・ボールからのパスをアリウープで叩きつけた。反応が遅れたクズマの上から決めた強烈な一撃にリングボードは大きく揺れ、観客席も驚きに包まれた。

 NBA公式インスタグラムが「ザイオン・ウィリアムソンがスピンから豪快ダンク!」とつづって実際のシーンを公開すると「簡単そうにやってる」「ウィリアムソンは普通じゃない」「本物だ」「戦車じゃねぇか」「可哀想なクズマ」「ザイオンがクズマをいじめてる」とコメント欄は驚愕の声であふれた。

 この動画は投稿2時間余りで64万再生を突破した。最初の対戦となった2月25日(同26日)も29得点をマークしたが、この日は34得点のレブロンを上回り、両軍最多得点。確かな実力を示したザイオンは、試合後にレブロンと抱擁し、言葉を交わして称えあった。今後のマッチアップも楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集