[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボートレース界のニューヒロイン 24歳の女王・大山千広はなぜ男子に勝ちたいのか

大山千広。24歳。ボートレース界のニューヒロインだ。2019年シーズンは5600万円以上を稼ぎ出し、見事に賞金女王の座に輝いた。キュートな実力派として今、俄かに注目を浴びる大山は、3月3日から始まる第4回レディスオールスター(鳴門)に出場する。

ボートレース界のニューヒロインとして注目を浴びる大山千広【写真:石渡史暁】
ボートレース界のニューヒロインとして注目を浴びる大山千広【写真:石渡史暁】

美女ボートレーサー、大山千広インタビュー前編…SG制覇を夢見る24歳の思い

 大山千広。24歳。ボートレース界のニューヒロインだ。2019年シーズンは5600万円以上を稼ぎ出し、見事に賞金女王の座に輝いた。キュートな実力派として今、俄かに注目を浴びる大山は、3月3日から始まる第4回レディスオールスター(鳴門)に出場する。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ファン投票による得票数では、次位の選手に1万票差をつける2万6737票という断トツの支持を集めた。女子としては初めて、ボートレース界で最もグレードの高いSG制覇を目指す大山の魅力に「THE ANSWER」が迫った。前後編でお届けする。

 ◇ ◇ ◇

 賞金女王を獲得した実績に加え、愛くるしい笑顔も相まって一躍ブレイクを果たした大山。急激な環境の変化にも自分を見失うことない。4年目での女王戴冠にもあっけらかんと話す。

「たまたまなれただけです。2、3回とって本物、みんなに認められるんじゃないかと思ってます」

 キュートに笑う姿はどこまでも自然体だ。だが、ニューヒロインの誕生を周囲は放っておかない。スポーツメディアだけではなく、ファッション誌や、テレビの密着取材も受けるように。そんな現状には戸惑いを覚えているのも事実。

「注目されているんだっていう実感はありますけど、不思議な感じがしています。少しずつ慣れてはきていますが、もともとそういうつもりで選手になったつもりではなかったんで……。こんなに取り上げてもらえるなんてびっくりですし、私なんかでいいのかなって。戸惑いのほうが大きいです」。さらに注目されることは「あまり好きじゃないんです」ともいう。

ボートレースの魅力は「女性が男性に勝てる数少ない競技」と大山は語った【写真:石渡史暁】
ボートレースの魅力は「女性が男性に勝てる数少ない競技」と大山は語った【写真:石渡史暁】

 大山が目指す場所――。それは男子に勝つことだという。ボートレースの魅力を問うと、間髪入れずにこう返ってきた。

「女性と男性が一緒にレースをするんですけど、その中で女性が男性に勝てる数少ない競技。それが一番の魅力です。どうしても男性に比べると、女性のほうが劣ってしまうところが多いのは事実。本当に超えられない壁はあります。ボートに乗る技術の差だったり、動体視力、筋力、反射神経……そういった部分は劣ってしまう。体重というハンデはありますが、それでも厳しい部分は大きいですね」

 ボートレースは男女が同じ土俵で勝負する、数少ない競技の一つ。レーサーの体重がレースの勝敗に大きく影響するため、最低体重制限(男子51kg・女子47kg)が設定されている。レースに勝つためにはより軽い体重でいることが望ましいとされており、その面でのアドバンテージは確かに女性にあるが、それ以外の部分では男子を相手にする苦労を感じているという。

 だからこそ、大山は燃えている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集