[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボートレース界のニューヒロイン 24歳の女王・大山千広はなぜ男子に勝ちたいのか

大山は強い向上心を胸に「打倒・男子」を目指す【写真:石渡史暁】
大山は強い向上心を胸に「打倒・男子」を目指す【写真:石渡史暁】

目標は男子を倒してのSG制覇「それをやれたら本当にかっこいいじゃないですか」

「それを成し遂げた女性がいないので、できることなのかどうかもわからないですけど、それをやれたら本当にかっこいいじゃないですか。夢ですね。ワクワクする気持ちでやっています」

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大山はボートレースでの最高グレード、SGでの優勝を最大の目標に掲げている。男子選手に勝たなければ到達できない偉業で、過去に成し遂げた女子レーサーはいない。なぜ「打倒・男子」を目指すのだろうか。そこには同じボートレーサーで、2018年に引退した母・博美さんの存在があった。

「もともとは母を見ていてですね。男の人に勝っているのがかっこいいなと。それは昔から思ってたんですけど、真剣に私が男性に勝ちたいと思うようになったのはA級に上がってからですね。せっかく一緒に走れるんだから。これだけ力の差がある中で、勝てたらかっこいいじゃないですか。負けず嫌い……なんですかね。自分のこと負けず嫌いだとは思っていないです。普段は気も強いほうではない。でも、仕事は勝ちたいと思ってやっています」

 向上心は強い。昨年8月の真夏の女王決定戦「プレミアムGI第33回レディースチャンピオン」では史上最年少記録となる23歳6か月で優勝。しかし、自身が納得いくレースは1つとしてないという。

「レース1つを振り返っても、ターンマークを6回、3周回る中で、全部うまくいくことってないんです。これは頑張ったなというレースはありますが、後から振り返ると悪いところばかり気になります」

 では自身が夢として描く、SG制覇へ向けた課題はどこにあるのか。

「旋回の技術が足りないし、経験も足りていない。SGとかグレードの高いレースを走る経験が圧倒的に足りないです。まずはそういう舞台に出られる権利をつかんでいって、そこからがスタートライン。今やっとスタートラインに立てたところです。その中で上手くなれる。今の私の位置では、まだまだ上手くなるスピードは遅いって思っています」

 大山は賞金女王となった今、ようやくスタートラインに立てたばかりだと分析。キュートな視線で冷静に自身の足元を見つめながら、目標へ向かって進んでいく。

(後編へ続く)

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集