[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新型コロナ対策でNPBとJリーグがタッグ 「異例の協力体制、スポーツ界の危機管理強化に」

新型コロナウイルスによる日本スポーツ界の危機に、プロ野球とJリーグが手を組んだ。プロ野球を運営する一般社団法人日本野球機構(NPB)と、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、両法人共同で翌3日に「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置し、専門家チームを用意することを発表した。東北大学の名誉教授で東北医科薬科大学医学部の感染症学教室特任教授を務める賀来満夫氏を座長とする3名で構成する専門家チーム出席の下、3日正午よりNPB事務局において、第1回会議を行う。

「新型コロナウイルス対策連絡会議」に出席したJリーグの村井チェアマン(右)とNPBの斉藤惇会長【写真:平野貴也】
「新型コロナウイルス対策連絡会議」に出席したJリーグの村井チェアマン(右)とNPBの斉藤惇会長【写真:平野貴也】

スポーツ界の危機に“協力体制” 3日正午より第1回会議

 新型コロナウイルスによる日本スポーツ界の危機に、プロ野球とJリーグが手を組んだ。プロ野球を運営する一般社団法人日本野球機構(NPB)と、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、両法人共同で翌3日に「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置し、専門家チームを用意することを発表した。東北大学の名誉教授で東北医科薬科大学医学部の感染症学教室特任教授を務める賀来満夫氏を座長とする3名で構成する専門家チーム出席の下、3日正午よりNPB事務局において、第1回会議を行う。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 専門家チームには、賀来氏のほか、三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)、舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)が参加する。館田氏は、政府の専門家会議のメンバーも務めている。ほかに、各地域にも専門のアドバイザーを配置。会議の目的は、選手や指導者、スタッフ、観客等を守ることで、専門家チームを置き、ウイルスの感染拡大状況の情報を的確に収集。試合の開催やスタジアム運営の方法について助言を受け、感染防止に関する情報や対策を共有する。

 連絡会議には、NPBからコミッショナーと12球団代表者が参加。Jリーグは、村井チェアマンのほか、Jリーグ理事・特任理事の9名、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の3名が参加予定で、村井満チェアマンは「ビジネスサイドだけでなく、選手サイドの意見も反映する必要がある」とJクラブから選出された理事らを加える意向を示した。

 2日、都内で会議設立の会見に臨んだJリーグの村井チェアマンは「公式戦延期を発表した25日の時点でNPB様に連絡をして、我々の判断をお伝えして連係を働きかけた。Jリーグの理事会で、再開を目指す判断には、専門家の助言をいただくべきと言われており、NPB様も同様に専門家との連携を模索されていた」と会議設立のきっかけ、経緯を説明した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集