[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑、日本新記録で日本人1位 五輪代表に大前進、設楽悠太&井上大仁は脱落

残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、2度目の報奨金1億円を獲得した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で堂々の走りを見せ、東京五輪代表の最有力に。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)は代表争いから脱落した。

日本記録を樹立した大迫傑【写真:荒川祐史】
日本記録を樹立した大迫傑【写真:荒川祐史】

残り1枠の東京五輪代表争い、大迫傑が高速レースで意地、32キロで井上を逆転

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を更新し、2度目の報奨金1億円を獲得した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で堂々の走りを見せ、東京五輪代表の最有力に。大迫とともに今大会の“3強”とされた設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)は代表争いから脱落した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 気温11.7度、湿度48%、北西の風1.5メートの青空の下、ランナーたちが一斉にスタートを切った。序盤から海外勢が引っ張る先頭集団に井上と大迫が食らいついて行った。設楽は第2集団。先頭は5キロ地点を14分32秒、ゴール予想タイムは2時間02分39秒と大会記録を更新する超高速レースの様相を呈した。大迫は10キロ手前付近の給水に失敗する場面があった。

 井上、大迫の第1集団は10キロ地点を29分12秒で通過し、ゴール予想は2時間3分21秒。代表入りの条件となる大迫の日本記録2時間5分50秒を大きく上回るペースだ。設楽の第2集団は約20秒遅れで通過。こちらも日本記録ペースとなった。しかし、13キロ過ぎに先頭集団が割れ、大迫が遅れ始める。井上は攻めの走りで先頭について行くと、16キロ付近で再び大迫らが追いついた。

 先頭集団は20キロ地点を58分41秒で通過し、ゴール予想は2時間03分48秒。設楽、村山謙太(旭化成)、佐藤悠基(日清食品)らの第2集団も日本記録を上回るペースだった。中間地点を過ぎて大迫が徐々に遅れる。24キロでは井上も先頭から遅れ始めた。30キロ地点は、昨年覇者で世界歴代3位のレゲセ(エチオピア)ら海外招待選手集団が1時間27分43秒、5位集団の井上は1時間28分28秒、大迫は1時間28分40秒で通過した。設楽は井上から大きく遅れる状態となった。

 ゴール予想2時間4分台で走る井上は、代表入りへ向けて突き進む。先頭から遅れたものの、後続の日本人と差を守っていた。しかし、大迫も井上の背中を視界に入れながら走る。30キロを過ぎてペースを上げ、32キロ付近で追いつく。苦しい表情を見せる井上を颯爽と追い抜き、33キロに到達する前についに日本人トップに立った。

 大迫は35キロ地点を1時間43分36秒、井上は大きく遅れで通過した。

 東京五輪代表は昨年9月のMGCを制した中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)が内定済み。残り1枠は、今大会とファイナルチャレンジ第3戦のびわ湖毎日(3月8日)で大迫の日本記録より1秒速い設定タイム2時間5分49秒を切った最上位者が内定し、両大会で突破選手がいなければMGC3位の大迫が3人目の代表となることが条件だった。有力選手の多くがびわ湖毎日より今大会に勝負をかけたことで“最終決戦”と目されていた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、一般ランナーの参加を取りやめてエリートの部約200人の参加という措置をとって行われた。沿道での応援も自粛要請が出されたが、雷門前などマスク姿で声援を送る人が多く見られた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集