[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

孫楊処分 ライバル豪メディアは痛烈批判「中国が責めるべきは自分たち自身だ」

競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。ライバル選手だったマック・ホートン(オーストラリア)を擁する豪メディアは「自業自得」「常軌を逸した傲慢さ」と厳しく指摘している。

孫楊【写真:Getty Images】
孫楊【写真:Getty Images】

ホートンらを擁する豪州の地元紙「自業自得」「常軌を逸した傲慢さ」

 競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。ライバル選手だったマック・ホートン(オーストラリア)を擁する豪メディアは「自業自得」「常軌を逸した傲慢さ」と厳しく指摘している。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

「甘やかされた孫楊が自業自得の状況で、中国が責めるべきは自分たち自身だ」と特集したのは、豪地元紙「ヘラルド・サン」だった。孫楊は2014年11月、中国で行われた大会後のドーピング検査で陽性反応を示していた。その後、昨年9月に行われたドーピング検査で血液サンプルを破壊した疑いで、世界反ドーピング機関(WADA)がCASに提訴。今回、8年間の資格停止処分が決まった。

 記事では、昨年7月の世界水泳・男子200メートル自由形で金メダルを獲得したレース後、銅メダルとなったダンカン・スコット(英国)がメダル授賞式の最中に1人だけ表彰台を降り、写真撮影を拒否した際、孫がスコットを罵倒した問題行動を紹介した。

 その上で「最終的に孫は名声を失った。そして、それは全て自業自得だ。自宅で自分自身の血液サンプルを木槌で破壊した孫はキャリアの特徴として、常軌を逸した傲慢さを示してきた」と厳しく指摘。8年間の出場停止処分については「議論まみれの中国のスターはかつて煌びやかだったキャリアだが、スイマーとしては即座に終了となった」と記している。

 ロンドン五輪とリオデジャネイロ五輪で3度、表彰台の頂上に立った孫楊。しかし、記事では「3度の五輪金メダリスト? そんなことは忘れてしまえ。君はドラッグのインチキ野郎だ。それが、君のレガシーなのだ」とまで断じていた。

 オーストラリアといえば、孫楊のドーピング疑惑に抗議してきたリオデジャネイロ五輪400メートル自由形金メダリスト、ホートンを擁する強豪国。幾度となく、行く手を阻んできたライバルとあってか、今回の処分について厳しい論調を展開していた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集