[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なんと動物園で… ラグビー代表選手、ワイルドすぎる欠場理由が英国で話題

ラグビーのウェールズ代表選手が“ある理由”によって公式戦に欠場を余儀なくされ、それが動物園での軽率な行為による代償だったため、英国で大きな驚きを呼んでいる。英公共放送「BBC」が報じた。

動物園でライオンに腕をかまれて欠場…指揮官呆れ「どんなワイルドな気質なのか…」

 ラグビーのウェールズ代表選手が“ある理由”によって公式戦に欠場を余儀なくされ、それが動物園での軽率な行為による代償だったため、英国で大きな驚きを呼んでいる。英公共放送「BBC」が報じた。

「ライオンと問題があったんだ」

 呆れ気味に語ったのはウェールズリーグ・オスプリーズのスティーブ・タンディ監督だ。ラグビーで欧州を拠点に置く強豪でタイトルを争う「プロ14」の公式戦をウェールズ代表のフッカー、スコット・ボールドウィンが欠場したが、その欠場の理由が前代未聞だった。

 なんと、動物園のライオンで腕を噛まれたから、という。南アフリカ共和国のブルームフォンテーンのクラブ「チーターズ」とのアウエー戦前に動物園に訪問。指揮官によると、ボールドウィンはライオンの檻から手を離そうとせず、さらに懐かせようとライオンの頭に手を乗せる行動に出たという。

 記事では、タンディ監督は「スコットの代わりに言えば、本当にバカげた行動だった」と語り、「そして、彼は本当にラッキーだった。これは我々の現状とは何の関わりもないことだ。素晴らしい環境だったんだ。我々は(ライオンから)遠くに立つように、と言われていたんだ」と安全のために忠告を受けていたことを明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集