[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

孫楊処分 中国水連は擁護を表明「検体採取は違法で無効」「孫楊の権利と利益守る」

競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。中国水泳連盟は「我々は法的手段を通じて、孫楊の権利と利益を保護する」と声明を発表している。中国メディア「タイタンスポーツプラス」公式ツイッターが速報している。

資格停止処分が下った孫楊【写真:Getty Images】
資格停止処分が下った孫楊【写真:Getty Images】

ドーピング違反で8年間の資格停止処分、中国水連が声明

 競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。中国水泳連盟は「我々は法的手段を通じて、孫楊の権利と利益を保護する」と声明を発表している。中国メディア「タイタンスポーツプラス」公式ツイッターが速報している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 水泳・伊藤華英インタビュー(GROWINGへ)

 孫楊は2014年11月、中国で行われた大会後のドーピング検査で陽性反応を示していた。その後、昨年9月に行われたドーピング検査で血液サンプルを破壊した疑いで、世界反ドーピング機関(WADA)がCASに提訴。今回、8年間の資格停止処分が決まった。海外メディアが続々と報じる中、中国水連はCAS裁定を受けると、行動に出た。

「タイタンスポーツプラス」は、中国水連の主張を紹介。「我々は2018年9月4日に孫楊の検体を採取した試験者の身分証がなかったことを理解している。検体採取は違法で無効だ。我々は法的手段を通じて、孫楊の権利と利益を保護する」と報じ、自国の英雄の立場を守ると表明していた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集