[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「ヒデキからビッグバーディーだ」 松山、渾身パットに相棒の方が興奮ガッツ

「ヒデキからビッグバーディーだ」 松山、渾身パットに相棒の方が興奮ガッツ

米男子ゴルフのプレジデンツカップ第2日は29日、ホールごとに2人の成績の良い方を採用するフォアボールで5ゲームが行われ、世界選抜の松山英樹(レクサス)はアダム・ハドウィン(カナダ)と組み、米国選抜のジョーダン・スピース、パトリック・リード組と対戦。引き分けに終わったが、8番で完璧なパッティングでバーディーを奪取し、PGAツアーも「ヒデキからビッグパーディーだ」と称賛。公式ツイッターで動画付きで紹介している。

プレジデンツカップ第2日、8番で約7メートルを沈める完璧バーディー

 米男子ゴルフのプレジデンツカップ第2日は29日、ホールごとに2人の成績の良い方を採用するフォアボールで5ゲームが行われ、世界選抜の松山英樹(レクサス)はアダム・ハドウィン(カナダ)と組み、米国選抜のジョーダン・スピース、パトリック・リード組と対戦。引き分けに終わったが、8番で完璧なパッティングでバーディーを奪取し、PGAツアーも「ヒデキからビッグパーディーだ」と称賛。公式ツイッターで動画付きで紹介している。

 松山が魅せたのは、8番だ。ピン右奥から約7メートルのバーディーパット。難しいラインだったが、慎重にパターを振り抜くと、最後はフックしてカップイン。完璧にラインを読み切り、バーディーを奪った。ギャラリーから大歓声が上がり、ペアのハドウィンは松山以上に渾身のガッツポーズ。この時点で2アップにリードを広げる一打にハイタッチを交わし、歓喜を分かち合った。

 最終的に追いつかれ、惜しくも引き分けに終わったが、世界選抜のエース格の松山がパットで沸かした。PGAツアーも動画付きで渾身のバーディーを紹介し、「ヒデキからビッグバーディーだ」と称賛していた。この日の世界選抜は0勝4敗1分け。第2日終了時点で、通算ポイントは2-8と米国選抜に大量リードを許しているが、巻き返しに期待したい。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー