[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、4団体統一戦は年内実現か WBC王者ウーバーリ意欲「間違いなく次戦の相手」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。バンタム級で残るベルトを手にしているのはWBC同級世界王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)。次戦で元5階級制覇王者の同級1位ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦することになるウーバーリだが、井上対カシメロ戦の勝者との統一戦に意欲を見せている。米ボクシング専門誌「ザ・リング」が報じている。

年内の4団体統一戦が予想される井上尚弥【写真:小倉元司】
年内の4団体統一戦が予想される井上尚弥【写真:小倉元司】

5月か6月にドネア戦迎えるウーバーリがその先を展望

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。バンタム級で残るベルトを手にしているのはWBC同級世界王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)。次戦で元5階級制覇王者の同級1位ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦することになるウーバーリだが、井上対カシメロ戦の勝者との統一戦に意欲を見せている。米ボクシング専門誌「ザ・リング」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上に敗れたドネアを指名挑戦者として迎えることになったウーバーリ。試合の開催は昨年12月の時点で内定しているにも関わらず、会場と期日が未定だという。

 ウーバーリは「我々はファイトの期日を待っている。デッドラインは3月1日のようだ。5月16日か6月27日になるのか、アメリカのどの街になるのか、我々は知らされることになるだろう」と語っている。

 米国開催で、日程は5月か6月のいずれかだと明らかにしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集