[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子にも波及する「トモアスキップ」とは? エース・野口啓代も挑戦「タイム変わる」

東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪代表に内定している野口啓代(あきよ・TEAM au)は4位に終わった。初優勝とはならなかったが、五輪本番を見据えて新技の習得中であることを明かした。17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝し、9日のボルダリングと合わせて2冠を達成した。

4位に終わったが、ファンの歓声に応える野口啓代【写真:浜田洋平】
4位に終わったが、ファンの歓声に応える野口啓代【写真:浜田洋平】

東京五輪新種目のスポーツクライミング、スピードの日本一決定戦で野口啓代は4位

 東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、東京五輪代表に内定している野口啓代(あきよ・TEAM au)は4位に終わった。初優勝とはならなかったが、五輪本番を見据えて新技の習得中であることを明かした。17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝し、9日のボルダリングと合わせて2冠を達成した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 五輪金メダルへの階段を上っている。ホールド(突起物)の位置が統一され、高さ15メートルの壁を登ってタイムの速さを競うスピード。野口は準決勝で伊藤に敗れたが、見据えているのは夏の五輪だ。「トモアスキップをするかどうかでタイムが変わる」。世界の頂きへ、信頼を寄せる技の存在を明かした。

 トモアスキップとは、男子の複合世界王者・楢崎智亜(ともあ・TEAM au)がスタート直後のホールドを使わずに直線的に登る独自のスタイル。海外選手もこぞってまねをするなど世界を席巻し、この日優勝した伊藤も取り入れている。足を滑らせるなどミスのリスクもあるが、野口は「0秒3から0秒5くらいは縮まると言われている」と確実にタイム短縮に繋がるという。

 日本のエースから技を盗み、2日前に自己ベストを更新。この日は「昭島は結構滑る」と今大会の壁の特徴を考慮して新技は封印したが、これから続く国際大会では投入予定だ。「五輪本番で成功できるかなと思う。五輪までに8秒6か8秒7を出したい」。東京五輪での引退を表明している。女子の第一人者は最後の一瞬まで飛躍を目指す。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集