[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

闘ったアデトクンボ、球宴惜敗も「凄く楽しかった」ワケ 「プレーオフみたいな…」

米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは最終日の16日(日本時間17日)、オールスターゲームが行われ、レブロン・ジェームズ率いる「チーム・レブロン」が157-155で勝利した。「チーム・ヤニス」の主将として25得点を記録したもののl惜敗を喫したヤニス・アデトクンボだが、球宴は十分に楽しんだようだ。

カワイ・レナードとヤニス・アデトクンボ(右)【写真:AP】
カワイ・レナードとヤニス・アデトクンボ(右)【写真:AP】

「チーム・ヤニス」の主将として25得点記録も惜敗

 米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは最終日の16日(日本時間17日)、オールスターゲームが行われ、レブロン・ジェームズ率いる「チーム・レブロン」が157-155で勝利した。「チーム・ヤニス」の主将として25得点を記録したものの、惜敗を喫したヤニス・アデトクンボだが、球宴は十分に楽しんだようだ。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 各クォーター(Q)がそれぞれ独立した形で争われ、勝敗については1Q、2Q、3Qの合計が高い方のチームのスコアに、先日亡くなったコービー・ブライアント氏が現役時代につけていた背番号にちなんだ「24点」を足したスコアが「目標スコア」に設定され、先に達した方が勝者となるフォーマットで行われた今回。第4Qではプレーオフのような強度の高い大熱戦が繰り広げられた。

 第1クォーター(Q)から豪快ダンクを立て続けに決め、第2Qにはディフェンスでもスティールを狙うなど、比較的強度の高い守備を見せたアデトクンボ。試合後の会見で、新フォーマットについて質問を受けると「試合の後、兄弟が下りてきて、今まで現地で見た中で最も楽しいオールスターだったと言ったんだ。理由を聞いたら『みんな本当に闘っていた。勝つためにプレーしていたからだよ』って言ったんだ」と兄弟とのやり取りを明かし、こう続けた。

「チームとしてそれを目指していた。僕らはハードにプレーすることを心掛けた。特に第4Qにはディフェンスが厳しくなった。プレーオフのような強度が少しあったね。だから、凄く楽しかった。今後も長年同じフォーマットを続けられたらいいね。みんな楽しんだだろうし、選手たちも楽しんだ。それがすべてさ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集