[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リナレス、剛腕復活 相手を「破壊」した“閃光の右”を米メディア絶賛「電光石火」

ボクシングの元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳)が14日(日本時間15日)、米アナハイムで、元NABA北米スーパーフェザー級王者カルロス・モラレス(メキシコ)と12回戦を行い、4回2分9秒でKO勝ちを収めた。再びのベルト獲得を目指すリナレスの豪快KO劇に、海外メディアも注目している。

ホルヘ・リナレス【写真:Getty Images】
ホルヘ・リナレス【写真:Getty Images】

復活の元3階級王者、再びライト級のトップ戦線へ

 ボクシングの元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳)が14日(日本時間15日)、米アナハイムで、元NABA北米スーパーフェザー級王者カルロス・モラレス(メキシコ)と12回戦を行い、4回2分9秒でKO勝ちを収めた。再びのベルト獲得を目指すリナレスの豪快KO劇に、海外メディアも注目している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 リナレスが高らかに復活を告げた。4回、じわじわとプレッシャーをかけてロープに追い詰めると、左ボディーからの右のショートストレートをクリーンヒット。たまらず崩れ落ちるモラレス。リングに膝をつき立ち上がれない。そして10カウントを聞かせた。

 勝利したリナレスは両手を掲げ、コーナーロープに登って“どうだ”とばかりにアピールしてみせた。

 米専門メディア「ボクシングニュース24」ではリナレスの勝利を速報。「ホルヘ・リナレスがカルロス・モラレスを破壊する」と見出しを打って試合を詳報。3回のダウンと、4回の試合を決めた右のショートストレートは「電光石火の右」とそのスピードを絶賛している。

 さらに記事では次戦の相手にも言及。この日リナレスの後にわずか80秒で相手を沈めたWBAライト級2位ライアン・ガルシア(米国)も候補になると示唆。実際にリナレスも前向きだとしたうえで、ガルシアをプロモートする「ゴールデンボーイ・プロモーション」が「賢明な判断かどうか真剣に考える必要があるかもしれない」と続けている。

 2018年5月に現ライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に敗れ、ベルトを失ったリナレス。その後ノンタイトル戦でも敗れるなど、苦しんだ時期もあったが、実力者揃いのライト級にまた一人主役候補が戻ってきた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集