[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が大本命だが… 米メディアが「勝者予想は困難」と分析する2つの理由とは

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。米メディアは「井上が大本命だろう。だが、それは関係ない」「間違いなくKOで終わるが、勝者予想は困難」と分析。2つの不安材料からカシメロ勝利の可能性を指摘している。

井上尚弥【写真:小倉元司】
井上尚弥【写真:小倉元司】

米専門メディアはカシメロにも勝機ありと分析

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。米メディアは「井上が大本命だろう。だが、それは関係ない」「間違いなくKOで終わるが、勝者予想は困難」と分析。2つの不安材料からカシメロ勝利の可能性を指摘している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上をプロモートする米興行大手「トップランク」も正式発表した3団体統一戦を特集したのは米専門メディア「ボクシングニュース24」だった。

 記事では「強力な拳を持った3階級王者同士の抗いがたいマッチアップだ。間違いなくノックアウトで終わるファイトの1つだが、いかなる正確性をもってしても勝者を予想することは困難だ」と分析している。

 フィリピンメディアですら井上を本命視するような状況だが、同メディアでは予想は困難だと指摘。その理由の1つはカシメロのパンチ力にあった。

「26歳のイノウエが大本命だろう。しかし、それは関係ない。カシメロ対ゾラニ・テテの試合で我々が目撃した通り、カシメロにはそのパンチ力と才能でオッズメーカーの考えが誤っていたと証明できる力があるのだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集