[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、急失速のなぜ? 米メディアが分析した「何かが切れてしまった」瞬間とは

松山、急失速のなぜ? 米メディアが分析した「何かが切れてしまった」瞬間とは

男子ゴルフの松山英樹(レクサス)が米ツアー本格参戦4年目のシーズンが終了した。ツアー3勝を挙げ、世界ランク3位、838万570ドルを獲得した賞金ランク4位と躍進した一方、レギュラーシーズン1位で終えたポイントランキングはプレーオフの失速で8位に転落。浮き沈みも見せたシーズンを米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」は「マツヤマのスランプは人生が山あり谷ありであることを示している」と総括している。

米ツアー3勝も終盤失速…浮き沈み見せたシーズンを総括「マツヤマに何が起こった?」

 男子ゴルフの松山英樹(レクサス)が米ツアー本格参戦4年目のシーズンが終了した。ツアー3勝を挙げ、世界ランク3位、838万570ドルを獲得した賞金ランク4位と躍進した一方、レギュラーシーズン1位で終えたポイントランキングはプレーオフの失速で8位に転落。浮き沈みも見せたシーズンを米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」は「マツヤマのスランプは人生が山あり谷ありであることを示している」と総括している。

 松山の収穫と課題の残ったシーズンが終わった。プレーオフ最終戦のツアー選手権は26位で終了。一方、PGAツアーは年間最優秀選手候補4人にノミネートし、公式ツイッターで今季のスーパープレーを特集。大きな話題を呼んでいる。

そんな日本人のマツヤマのシーズンについて、記事は「ヒデキ・マツヤマのスランプは人生が山あり谷ありであることを示している。そして、ツアーは新たなスケジュールを練り続ける」と見出しを打って、1年間を振り返っている。

 やはり、印象に残ってしまったのは直近の不振だった。「プレーオフでよもやの転落劇。ヒデキ・マツヤマにいったい何が起こったのか?」と言及している。

「それは推測だが、メディアが最大の注目を寄せた8月の出来事だろう。マツヤマが1月に結婚、7月に子供を授かったことを発表したことではない。何よりもマツヤマに影響を与えたのは、クウェイルホローだ」

 このように記述。振り返ったのは、歴史的快挙に手をかけた全米プロゴルフ選手権だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー