[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロよ、井上相手に挑発は無意味だ 地元紙記者が提言「ドネア戦を勉強すべき」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで3団体統一戦を行うWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。井上に対して「俺が真のモンスターだ」などとさんざん挑発を繰り返しているが、フィリピン英字紙「マニラ・タイムズ」の記者はコラムで「過信は禁物」と呼びかけている。

井上を挑発し続けるジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
井上を挑発し続けるジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

フィリピン紙記者が“かかり気味”のカシメロ陣営を諫めるコラム執筆

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで3団体統一戦を行うWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。井上に対して「俺が真のモンスターだ」などとさんざん挑発を繰り返しているが、フィリピン英字紙「マニラ・タイムズ」の記者はコラムで「過信は禁物」と呼びかけている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 正式発表の前から再三に渡り井上を挑発。陣営からも威勢のいい言葉が飛び出すなど、2か月半後の決戦へ向けて“かかり気味”のカシメロだが、フィリピン記者は諫めるようにメッセージを送っている。

 同紙のコンラッド・カリーニョ記者は「自信と過信」というタイトルでコラムを執筆。まずは2月5日の会見で「俺が真のモンスターだ」とコメントしたことに触れ、「カシメロがイノウエに対して、自信を持ってリングに上がろうとするのは理由がある。11月の試合で南アフリカのゾラニ・テテを倒したことが彼にとって大きな自信となっているのだ」と続けている。

 昨年11月のWBOの団体内統一戦で正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)に3回TKO勝ち。前評判を覆す完勝で自信を得たと指摘した一方でこれが過信に繋がるリスクがあるとも見ている。

「しかし、私はカシメロには過信した状態でイノウエに挑んで欲しくないと願っている。私は決してイノウエに勝って欲しいと思っているわけではない。私にはイノウエ相手にカシメロがミスする余裕なんてないと思っているからだ」

 地元が誇る王者としてエールを送りつつも、圧倒的な破壊力を誇るモンスターの前にはわずかなスキも許されないと指摘。WBSSの決勝で敗れたものの井上を苦しめた、ノニト・ドネアの戦いぶりこそを参考にすべきだと呼びかけている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集