[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「韓国ではめたフィギュア人生最後のパズル」 羽生結弦の歴史的Vを韓国メディア特集

フィギュアスケートの4大陸選手権は9日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が187.60点、合計299.42点で初優勝を飾った。これにより、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙を達成。開催地の韓国メディアも特集を組み、偉業をクローズアップしている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

韓国紙がスーパースラムの快挙をレポート「ミスも“金色の演技”を阻めず」

 フィギュアスケートの4大陸選手権は9日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が187.60点、合計299.42点で初優勝を飾った。これにより、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙を達成。開催地の韓国メディアも特集を組み、偉業をクローズアップしている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 羽生の歴史的快挙は韓国にも轟いていた。羽生は2年ぶりに「SEIMEI」を再演。冒頭の4回転ルッツで大きくバランスを崩し、中盤の4回転トウループは転倒した。それでも、最後に3回転アクセル―3回転トウループを組み込み、さすがのリカバリーを発揮。ソウルのリンクに熱狂を呼んだ。300点にこそ届かなかったが、貫禄を見せつけ、大会初優勝を飾った。

 これにより、ジュニアの世界選手権、グランプリ(GP)ファイナル、シニアの五輪、世界選手権、GPファイナル、4大陸選手権という主要国際大会6つをすべて制す「スーパースラム」という男子初の快挙を達成。韓国紙「国民日報」は「羽生結弦、韓国ではめたフィギュア人生最後のパズル」と粋なタイトルをつけ、大会をレポートした。

「日本の“フィギュアの英雄”羽生結弦が生涯最初の4大陸選手権大会で金メダルを手にした」と初優勝を紹介。「今大会はフィギュアスケート男子最強の羽生に一度も頂点を許さなかった舞台である。ソウルでこの“最後のパズル”をはめてグランドスラムを達成した」と快挙を称賛している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集