[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、まさかの失速に海外も驚き「日本のマエストロが全く本調子でなかった」

羽生結弦、まさかの失速に海外も驚き「日本のマエストロが全く本調子でなかった」

フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦(ANA)がフリーでミスが続き、155.52点と得点を伸ばせず。合計268.24点で2位に終わった。前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許し、米メディアは「全く本調子でないことは明らかだった」と驚きをもって報じている。

オータムクラシック、フリーでミスが相次ぎ2位…V逸に米メディア驚き

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦(ANA)がフリーでミスが続き、155.52点と得点を伸ばせず。合計268.24点で2位に終わった。前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許し、米メディアは「全く本調子でないことは明らかだった」と驚きをもって報じている。

 表彰台の真ん中に立ったのは、王者ではなかった。

 羽生は冒頭の3回転ルッツのタイミングが合わず、1回転に。ペースを乱すと転倒も出るなど、ジャンプにミスが続いた。得点は155.52点と伸びず。自身が持つ世界最高得点から67点及ばない出来に、演技後は膝に手をつき、悔しげな表情を浮かべた。

 続いて登場したフェルナンデスもジャンプの回転不足もあり、本来の出来ではなかったが、なんとか粘って得点をまとめた。羽生は逆転で優勝を明け渡す形となった。

 まさかの展開に米スケート専門メディア「icenetwork」も「羽生がフリーで崩れ、フェルナンデスが金メダルを奪い取った」と見出しを打ち、驚きをもって報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー