[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワ、漂う女王の貫録 37点差V発進で米賛辞「別格のスケートを誇示」

メドベージェワ、漂う女王の貫録 37点差V発進で米賛辞「別格のスケートを誇示」

フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯は23日(日本時間24日)、女子ショートプログラム(SP)首位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が146.72点をマークし、合計226.72点で圧勝。貫禄のシーズンV発進に対し、米メディアは「別格のスケートを誇示」と報じている。日本の本郷理華(邦和スポーツランド)は合計189.98点で2位に入った。

今季初戦で圧勝…米メディア称賛「自身を大会の団体から切り離した」

 フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯は23日(日本時間24日)、女子ショートプログラム(SP)首位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が146.72点をマークし、合計226.72点で圧勝。貫禄のシーズンV発進に対し、米メディアは「別格のスケートを誇示」と報じている。日本の本郷理華(邦和スポーツランド)は合計189.98点で2位に入った。

 世界選手権2連覇中の絶対女王が貫禄のV発進を決めた。メドベージェワはフリーでもトップの得点をマーク。2位の本郷に約37点差をつける合計226.72点の高得点で表彰台の真ん中に立った。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「メドベージェワがオンドレイ・ネペラ杯の氷上で圧勝」と見出しを打って特集した。「今季初タイトルとともに、別格のスケートを誇示」と記し、「世界選手権2連覇中の女王は合計226.72点で自身を大会の団体から切り離した」と圧勝ぶりを称賛。また、本郷はSP、フリーともに2位に入ったことも伝えている。

 メドベージェワは4月の世界国別対抗戦でSP、フリー、合計のすべてで世界歴代最高得点を更新。圧倒的な実力を誇り、平昌五輪のV大本命と目されている。米NBCスポーツは「金メダルの最大の競争相手」として15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)とともに日本の本田真凜(関大高)を挙げていたが、女王はシーズン初戦から貫禄を見せつけた格好だ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー