[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、まさかのフリー失速で2位 ミス続いて悔しさあらわ、大会3連覇ならず

羽生結弦、まさかのフリー失速で2位 ミス続いて悔しさあらわ、大会3連覇ならず

フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦がフリーで155.52点をマーク。ジャンプにミスが続くなど、思うように得点を伸ばせず、合計268.24点で2位に終わった。優勝は前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が飾った。

オータムクラシック、回転不足に転倒も、合計268.24点…優勝はフェルナンデス

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦がフリーで155.52点をマーク。ジャンプにミスが続くなど、思うように得点を伸ばせず、合計268.24点で2位に終わった。優勝は前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が飾った。

 羽生は全体で後ろから3人目となる最終グループ第3滑走で登場。2年ぶりに再演した陰陽師の「SEIMEI」のメロディーに乗って滑り出したが、冒頭のジャンプで踏み切りタイミングが合わず。その後は華麗なステップ、スピンを披露したが、終盤にジャンプで転倒するなど、ミスが出た。演技を終えると手を膝に付き、悔しそうに天を仰いだ。

 羽生はSPで右膝の違和感から4回転ループを回避したが、完璧な演技を披露。自身が持つ世界歴代最高得点を更新し、112.72点をマーク。地元解説者に「なんて言ったらいいんでしょう、この傑作」と称賛されるなど、世界に驚きを与えていた。フリーにミスが出ても合計260点超えはさすがだが、羽生にとっては悔しい結果となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー