[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山は「疲れているだけ」 不振に米注目、歴史的大失速の危機から逆襲なるか

松山は「疲れているだけ」 不振に米注目、歴史的大失速の危機から逆襲なるか

米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権(イーストレークGC)第2日は22日(日本時間23日)、松山英樹(レクサス)が4バーディー、2ボギーの「68」で回り、通算3オーバー。順位を3つ上げたが、首位と10打差の26位にとどまった。ポイントランキング1位で迎えたプレーオフで失速気味の日本のエースに対し、米メディアは「疲れているだけだ」と報じている。

プレーオフ最終戦26位、不振の原因に米注目「痛みを負っているのではない」

 米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権(イーストレークGC)第2日は22日(日本時間23日)、松山英樹(レクサス)が4バーディー、2ボギーの「68」で回り、通算3オーバー。順位を3つ上げたが、首位と10打差の26位にとどまった。ポイントランキング1位で迎えたプレーオフで失速気味の日本のエースに対し、米メディアは「疲れているだけだ」と報じている。

 松山が苦境を抜け出せずにいる。米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」は「ヒデキ・マツヤマは痛みを負っているのではない、疲れているだけだ」と見出しを打って特集した。

 こう報じた記事では、松山の通訳を務めるボブ・ターナー氏によれば、不振の原因について長いシーズンの疲労にあり、負傷などはないと明かしたという。

「それはマツヤマの今後のスケジュールが物語っている」と記し、今後も来週のプレジデンツカップ以降も大会スケジュールが過密であることを伝えている。

 しかし、このまま大会を巻き返せなければ、タイガー・ウッズ(米国)以来の“失速”になってしまうという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー