[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 女子だけじゃない! 「伏兵」井上、金子組が初決勝「男子も強いんだぞと思って」

女子だけじゃない! 「伏兵」井上、金子組が初決勝「男子も強いんだぞと思って」

オレたちもいるぞ! 男子ダブルスの伏兵が、初の決勝進出で存在をアピールした。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は23日に東京体育館で各種目の準決勝を行い、男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)がロシアの長身ペアを2-1(12-21、21-18、21-19)の逆転で制して初のスーパーシリーズ決勝進出を果たした。

ヨネックスOP、日本勢男子唯一の決勝「名前を覚えてもらうのは嬉しい」

 オレたちもいるぞ! 男子ダブルスの伏兵が、初の決勝進出で存在をアピールした。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は23日に東京体育館で各種目の準決勝を行い、男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)がロシアの長身ペアを2-1(12-21、21-18、21-19)の逆転で制して初のスーパーシリーズ決勝進出を果たした。

 同種目では、8月の世界選手権で銅メダルを獲得した「ソノカム」ペアこと、園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)の活躍が期待されていたが、前日の準々決勝で敗退。井上、金子組は、敵討ちを果たすとともに日本勢男子で唯一、決勝まで勝ち残った。これまで世界最高峰のスーパーシリーズでは8強止まりだったが、一気に壁を2つ破った。

 準決勝で対峙した世界ランク13位のロシアペアは、後衛のウラジミール・イワノフが197センチ、前衛のイワン・ソゾノフも身長184センチと大柄。対する日本は、後衛の金子でも179センチ、前衛の井上は163センチと小柄だ。第1ゲームは、上手く対処できずに中盤で引き離されて先取されたが、井上が「2ゲーム目から相手の強打をレシーブして、自分が積極的に前に入って攻撃の形を長く作れたことが勝利につながったと思う」と話したように、第2ゲームからは接戦の中でも主導権を握って試合を展開した。ファイナルゲームは、8-2と序盤でリードした後に6連続失点で追いつかれるなど苦しんだが、冷静な対処で乗り切った。

 千載一遇の好機を得た、ダークホースの躍進に見える。井上、金子組は、世界ランク17位。世界選手権で国内のライバルである保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)を破って16強入りするなど活躍を見せ始めているが、まだ世界トップクラスの実績を挙げているとは言えない。ただ、6月にスーパーシリーズ第6戦のオーストラリアオープンで8強入りするなど手応えはつかんでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー