[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、「美しき完璧さ」に地元解説者も絶句「何て言ったらいい、この傑作」

羽生結弦、「美しき完璧さ」に地元解説者も絶句「何て言ったらいい、この傑作」

フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は22日(日本時間23日)に開幕し、男子ショートプログラム(SP)で今季初戦となった羽生結弦(ANA)が112.72点をマーク。自身が持つ世界歴代最高得点を更新し、SP首位に立った。大会をストリーミング配信しているスケートカナダの解説者は「マスターピース(傑作)」「非の打ちどころがない美しき完璧さ」と称賛している。

オータムクラシックでSP世界新…解説者絶賛「あまりに偉大すぎるパフォーマンス」

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は22日(日本時間23日)に開幕し、男子ショートプログラム(SP)で今季初戦となった羽生結弦(ANA)が112.72点をマーク。自身が持つ世界歴代最高得点を更新し、SP首位に立った。大会をストリーミング配信しているスケートカナダの解説者は「マスターピース(傑作)」「非の打ちどころがない美しき完璧さ」と称賛している。

 完璧、圧倒――。見た者が言葉を失うほど、王者の強さは際立っていた。

 第2グループの2番目で大きな拍手とともに登場した羽生。スケートカナダの解説者は「ユヅル・ハニュウ。22歳です。トロントで、ブライアン・オーサーとトレーシー・ウィルソンとともに練習しています。オリンピック、そして、世界王者です」と華麗なるキャリアを紹介すると、羽生の演技を静かに見守った。

 ピンと張り詰めた空気の中、始まった王者の舞い。右膝の違和感から4回転ループを回避したが、ショパンの「バラード第1番」の調べに合わせ、完璧な演技を披露。滑り終えると、「どうだ」とばかりに両手を広げながら、深々とお辞儀をした。カナダまで駆けつけた日本のファンが無数の日の丸を送り、リンクは熱狂に包まれた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー