[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子だけじゃない! 「伏兵」井上、金子組が初決勝「男子も強いんだぞと思って」

最近躍進も胸中は? 「一過性のものだと思われているんだなとモヤモヤしていた」

 金子は「周りには、オーストラリアオープンでリオ五輪の銀メダリストを破ったり、USオープンで優勝したり、全日本実業団選手権で園田、嘉村に勝ったりということで『最近、調子良いね』と言われることが多かった。でも、自分の中では調子ではなく積み重ねて来たもの。調子が良いと言われているということは、まだ実力が認められているのではなく、一過性のものだと思われているんだなとモヤモヤしていた」と秘めていた自信をのぞかせた。

 この大会では当初、1回戦で第1シードの世界ランク3位リー・ジュンホゥイ、リゥ・ユチェン組(中国)と対戦予定だったが、中国ペアが出場を辞退。混戦のブロックを勝ち上がった印象だが、井上は「第1シードの選手たちが出ていても(絶対に)勝てない相手じゃない。どの相手も紙一重。だから、それは気にしていない」と意地を示した。

 大会は、翌24日に全種目の決勝戦を行う。国内開催の大会では最も注目を浴びる1日となるが、そこでコートに立つ喜びは格別だ。金子は「日本でやっていて、たくさんの応援があるからこそ、最後のファイナルの終盤で勝てたと思う。日本でやっているということは、大きいと思う」とファンの後押しを感じていることを明かした。園田、嘉村を筆頭に、少しずつ日本の男子は女子に負けずに結果を出し始めている。

 井上は「名前を覚えてもらうのは、嬉しい。ソノカムの陰に僕らと保木、小林は隠れていると思うけど、負けずに同じ位置でやって行きたいと2ペアとも思っている。女子が注目されているので、男子も強いんだぞと思ってもらえるように、男子ダブルスは(みんなで)頑張っている」と話した。最終日には、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3種目で日本勢が決勝に臨む。何組が栄光をつかめるのか、楽しみだ。

【了】

平野貴也●文 text by Takaya Hirano「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集