[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

チェン、インフル明けで32年ぶり全米V4 驚異的高さの4回転に米公式「ロケットマン」

フィギュアスケートの全米選手権は26日(日本時間27日)、男子フリーが行われ、ネイサン・チェンが216.04点をマークし、合計330.17点で4連覇を達成した。同25日のショートプログラム(SP)は国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、世界最高得点となる114.13点で首位発進。全米フィギュア協会公式ツイッターは驚異的な高さの4回転サルコーの動画を公開している。

全米選手権で4連覇を達成したネイサン・チェン【写真:Getty Images】
全米選手権で4連覇を達成したネイサン・チェン【写真:Getty Images】

全米選手権330.17点で4連覇、病み上がりで「1週間だけトレーニング」

 フィギュアスケートの全米選手権は26日(日本時間27日)、男子フリーが行われ、ネイサン・チェンが216.04点をマークし、合計330.17点で4連覇を達成した。同25日のショートプログラム(SP)は国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、世界最高得点となる114.13点で首位発進。全米フィギュア協会公式ツイッターは驚異的な高さの4回転サルコーの動画を公開している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 体調不良だったことが信じられない。チェンは冒頭で4回転フリップ―3回転トーループに成功。以降も次々とジャンプを決めると、高さのある4回転サルコーも成功させた。会場からは歓声が響く。世界王者が異次元のパフォーマンスを見せつけた。

 全米フィギュア協会公式ツイッターは「ロケットマン」と今季のフリーを紹介するとともに、驚異的な高さで決めた4回転サルコーの動画を公開した。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「力を見せつけ全米選手権4連覇」と見出しでチェンの活躍を称賛。さらにこう記している。

「インフルエンザから回復後、1週間だけトレーニングを行ったチェンは、いつも通りの傑出したパフォーマンスを披露。1988年にボイタノ氏が達成して以来、全米選手権を4連覇した最初のスケーターとなった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集