[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴールド、来季も現役続行へ 3年ぶり全米復帰に涙「あの瞬間、とても圧倒されたわ」

フィギュアスケートの全米選手権は25日、女子フリーが行われ、3年ぶり出場となった14、16年全米選手権女王グレイシー・ゴールドは107.24点、合計161.75点で11位に入った。摂食障害などの病を乗り越え、カムバックした大舞台。演技後は涙を堪えるような仕草を見せ、会場はスタンディングオベーションとなった。実際のシーンを米記者が動画付きで速報し、感動が広がっていたが、ゴールドは来季も現役続行する見通しとなった。米メディアが伝えている。

グレイシー・ゴールド【写真:AP】
グレイシー・ゴールド【写真:AP】

摂食障害などを乗り越え、3年ぶり全米選手権で11位

 フィギュアスケートの全米選手権は25日、女子フリーが行われ、3年ぶり出場となった14、16年全米選手権女王グレイシー・ゴールドは107.24点、合計161.75点で11位に入った。摂食障害などの病を乗り越え、カムバックした大舞台。演技後は涙を堪えるような仕草を見せ、会場はスタンディングオベーションとなった。実際のシーンを米記者が動画付きで速報し、感動が広がっていたが、ゴールドは来季も現役続行する見通しとなった。米メディアが伝えている。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

 米フィギュア界にとって特別な1日になった。大きな歓声を受け、リンクに立ったゴールド。やや緊張した面持ちながら、演技では果敢に攻めた。積極的に3回転ジャンプに挑戦。抜ける場面もあったが、着氷させる度に大きな歓声が包んだ。そして、4分間を演じ切ると、この日一番の大歓声が……。その瞬間、ゴールドに熱いものが込み上げてきた。

 両手を目元にやり、涙ぐんだ。それでも、しばらくすると必死に笑顔を作り、会場の声援に応えた。なんとも温かい空気に包まれる会場。得点は合計161.75点となり、ゴールドはガッツポーズを見せた。しかし、摂食障害などの病を乗り越え、地方大会から出場し、帰ってきた全米選手権の舞台。何よりも大事なのは得点ではないことは誰もが知っていた。

 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は試合後のゴールドのコメントを紹介。演技直後の心境について「正直なところ、私はあの瞬間、とても圧倒されていました。なぜかって、これまで他のどこにも存在することができていなかったから。明らかに、観客の皆さんのリアクションによって、私はとてもパワフルになれた感じがしたわ」と胸中を語ったという。

 さらに「観客の皆さんが終わりに近づくと、立ち上がってくれました。まるでエネルギーを与えてくれているようでした」と観衆からパワーをもらい、演じ切ったというゴールド。記事では「ゴールドにとっての復活劇はこれで終わりではない。彼女は来シーズンも競技をすることを計画している」と来季も現役続行する見通しであることを伝えている。

 17-18年シーズンからうつ病、不安障害、摂食障害のために戦線を離れた。一時はうつ病から来る自殺願望とも闘っていたというゴールド。来シーズンもその優雅なスケーティングを見られることを多くのファンも待ち望んでいる。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集