[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲垣啓太、パナソニック単独首位も優勝宣言はお預け「口には出してはいけない」

ラグビーのトップリーグ第3節が25日、相模原ギオンススタジアムで三菱重工相模原―パナソニック戦が行われ、パナソニックが62-10で開幕3連勝を飾った。トップリーグ初開催の会場で約1万人が集結。福岡堅樹が東京五輪7人制出場を目指すため今節から不在の中、10トライで強さを見せつけた。ボーナス点を加算し、勝ち点15で単独首位をキープ。12年ぶりに昇格した三菱重工相模原は3連敗となった。

途中出場で大歓声を浴びた稲垣啓太【写真:荒川祐史】
途中出場で大歓声を浴びた稲垣啓太【写真:荒川祐史】

パナソニックが開幕3連勝、勝ち点15で単独首位キープ、稲垣には黄色い声援

 ラグビーのトップリーグ第3節が25日、相模原ギオンススタジアムで三菱重工相模原―パナソニック戦が行われ、パナソニックが62-10で開幕3連勝を飾った。トップリーグ初開催の会場で約1万人が集結。福岡堅樹が東京五輪7人制出場を目指すため今節から不在の中、10トライで強さを見せつけた。ボーナス点を加算し、勝ち点15で単独首位をキープ。12年ぶりに昇格した三菱重工相模原は3連敗となった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 日本代表ではHO堀江翔太、SO松田力也が先発し、稲垣啓太はベンチスタート。福岡の代わりにWTBに27歳の梶伊織が入り、御所実高と帝京大で活躍した竹山晃暉とウイングを担った。福岡の穴を埋めるように梶が3トライ、竹山がトライ。最後まで緩めることなく、合計10トライと圧倒した。

 36-3の後半12分には一気に5人を入れ替え、稲垣啓太の登場に会場は拍手に包まれた。ボールを持てばスタンドから「ガッキー!!」と黄色い声援。縁の下の力持ちとして相手にタックルを浴びせ続けた。長いシーズンを見据えて途中出場となったが、存在感を発揮。試合をこう振り返った。

「今日は得点を大量にリードをしていたこともあって、インパクトよりもしっかりと我々の仕事に徹する、今までやってきたことをしっかりと出し切る、特別なことはいらないと話をしてきたので、今までやってきたプレーの精度を上げていこうと。プレーに入っても非常にいい仕事ができた」

 第1節の試合後には、声援をくれる子供たちに“さん付け”を要求していたが、この日はロッカーに引き揚げる際に「稲垣選手!」と呼ばれていつもの表情で手を振った。シーズンは始まったばかりだが、勝ち点15で単独首位をキープ。申し分ない滑り出しにも、4季ぶりの優勝を目標として口にするには早いようだ。

「見ていて楽しんでいただけるようなプレーをしっかりお見せしたいけど、まず選手としてはしっかり結果を残すことにフォーカスしたい。結果を残してしっかり勝利を重ねた先に、そういった目標が出てくる。まだまだ新しい目標というのは口には出してはいけないけど、その目標を口に出せるようになるまでしっかりと準備していきたい。ファンの皆さんにはそういった勝ち続ける姿を楽しみにまた会場に足を運んでいただきたい」

 第4節は三菱重工相模原が1日にニッパツ三ツ沢球技場で東芝と、4季ぶりの優勝を目指すパナソニックが2日に町田GIONスタジアムでキヤノンと対戦する。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集